最強のチャンピオンオカダを倒せるのは、誰?

注目が・・・

 

最強の名を欲しいままにしている、オカダのライバルは?

怪我人が多い新日本

棚橋、中邑がIWGPと絡まない

新しい新日本の顔

オカダ・カズチカ

 

 

Sponsored Link


最強チャンピオンオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカVS内藤哲也
オカダ・カズチカVS内藤哲也 画像出典元 スポーツナビ

オカダカズチカ止まらず

オカダ・カズチカが防衛記録を伸ばし続けている

最強をほしいままに、防衛ロードを進んでいる

 

最強の挑戦者、ケニー・オメガを退け

G1で敗退している絶好調のEVILも退けた

画像出典元 東スポ
画像出典元 東スポ

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカはまだ29歳という若さ

中邑真輔も若くてIWGPを保持したが

今のオカダ・カズチカのような防衛ロードはなく

またそれとは違う、時間をかけて今の中邑真輔に変化した

 

しかし、オカダ・カズチカの風格

王者としてのカリスマは、もはや完成されたような雰囲気すらある

 

実力者EVILも退けたオカダに死角はあるのか?

画像出典元 東スポ

Sponsored Link
 





 

ライバル不在か?

 

IWGPは、アントニオ猪木が設立したローカルな

チャンピオンベルトだった

しかし、数多くの歴史を踏まえて

世界のレスラーの目標のベルトに変わってきた

 

アントニオ猪木VSハルク・ホーガン

藤波辰爾VS長州力

橋本真也VS小川直也

武藤敬司VS高田伸彦

永田裕志VS秋山準

棚橋弘至VS中邑真輔

など数多くの歴史を刻む名勝負

 

現在は、棚橋弘至からオカダカズチカがベルトを奪い

世代交代が完成している

しかし、間の世代で

柴田勝頼、後藤洋央紀、などはまだIWGPを奪取していない

柴田は怪我欠場中

後藤は、オカダと同じCHAOSのため遺恨の対戦は生まれにくい

 

とすれば、棚橋をクリアし中邑が新日本プロレスを退団したいま

オカダ・カズチカのライバルは誰になるのか?

 

対日本人との切磋琢磨で、一進一退の攻防が出来る同世代がいないのが今の現状だろう

他の団体を見ても、オカダ・カズチカのと対戦したら面白いと思わせる

選手が浮かんでこないのも事実

 

 それだけ、オカダ・カズチカが特筆すべき存在になりつつある
 全日本プロレスの鶴田が最強と言われた3冠王者時代にも
立ちはだかるライバル達が数多くいた
スタンハンセン、天龍源一郎など
まさに一進一退で連続防衛など難しいものであった
オカダが逆風感じる
9日の新日本プロレス東京・両国国技館大会でEVIL(30)とのV8戦に臨むIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(29)が7日、「逆風上等」を宣言した。今年5月のバッドラック・ファレ(35)に続き“後輩”との防衛戦となる王者は、高い壁として立ちはだかることを宣言。自身が初挑戦初戴冠を果たした2012年2月からの5年半で、IWGPの敷居がさらに高くなったことを証明する。
オカダが約1年間シングル無敗を誇っていたことからEVILへの“判官びいき”の声援が多数を占め、ともすれば挑戦者に重圧がかかりかねない構図の変化が起きている
オカダ・カズチカが強すぎて、反感びいきが起こっている?
誰か、オカダ・カズチカを倒せと
しかし、過去のスーパースターはどんなに強くても
勝って人気を得ていた。
その為にもワクワクする、相手は必要となる
 ジャンボ鶴田VSオカダ・カズチカ時代を超えて戦いを見てみたい

Sponsored Link


内藤哲也の存在

 

内藤哲也は言わずと知れた現在の

新日本で一番のカリスマ性をもった選手

 

華麗なるモデルチエンジをした

 

プロレスリング☆revolution(内藤ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)

 

オカダ・カズチカVS内藤哲也
オカダ・カズチカVS内藤哲也 画像出典元 スポーツナビ

 

内藤哲也がオカダの牙城をどう崩すのか?注目が集まる

今、オカダ・カズチカは強すぎて

誰がオカダに勝つのかと注目してる、ファンも多いはずだ

 

内藤は、オカダ・カズチカ体制に牙をむき、オーナーに噛みつき

あらゆる手段を使い、IWGPを奪い取った

しかし、その2か月後短命で、またオカダに奪い返された

その後、オカダ・カズチカの防衛は続き

また、内藤哲也も進化した

その、オカダを倒せるのは、今の新日本では内藤哲也が一番近い存在かもしれない

 

G1を制した、内藤に期待がかかる

 

Sponsored Link