秋山準D王GP制覇

全日本プロレスからレンタル移籍でDDTに参戦していた
秋山準がD王GPを制覇51歳にしてまだ元気な姿を見せた。
DDTにコーチレンタル移籍をした秋山準は、DDTで新しいユニット準列を結成。

若手に秋山イズムを叩き込む、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、三沢光晴、川田利明、田上明
世界のジャイアント馬場、怪物ジャンボ鶴田、全日本プロレス四天王と同じ時代を過ごした全日本プロレス
プロレス・リングノアでも頂点を取った。

その秋山イズムをDDTに伝授、自らがD王GPを優勝して見せた。
その後左膝半月板損傷による関節鏡下半月板切除術で欠場
復帰後KO-D無差別級選手権試合を行う秋山準
王者遠藤哲哉をD王GPで粉砕、王者も挑戦を受託。

2020年プロレス大賞で全日本プロレスの3冠ヘビー級王者が賞に該当しない事で全日本プロレス決別とも思われる言葉を出した秋山準。
DDTに骨をうずめる覚悟とも思える発言で波紋を呼んだ。



プロレスリング・ノア武道館大会で丸藤正道とタッグ

プロレスリング・ノアがある意味聖地である武道館で試合を開催。
DDTとプロレスリング・ノアは社長が高木三四郎となる秋山準がプロレスリング・ノアへの参戦はある意味問題ない、いまプロレスリング・ノアとDDTだが時が来れば、共闘する団体であろう。

その秋山準が、全日本プロレス、プロレスリング・ノアと時代を共にした丸藤正道とタッグを結成。
プロレスリング・ノア武道館大会DESTINATION 2021 BACK TO BUDOUKAN」で
若きエース清宮海斗&稲村愛輝と対戦。

丸藤正道、秋山準の歴史と清宮海斗、稲村愛輝の未来との対戦が実現


精力的な戦いを見せる秋山準の最終章は見逃せない。
多くの選手が秋山準イズム継承に挑む。



あわせて読みたい記事