新日本プロレス頂点の飯伏幸太次なる夢は?

飯伏幸太がレッスキングダム15in東京ドーム大会で内藤哲也からIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座を奪い、翌日ジェイ・ホワイトから防衛を果たした。

飯伏幸太はIWGPジュニアヘビー級とインターコンチネンタル王座の統一を口にした

面白いことが起きるそう言う飯伏幸太だが、新日本プロレスはIWGPジュニアヘビー級とインターコンチネンタルの統一を発表していない。

 

飯伏幸太はなにをやりたいのか?

内藤哲也この飯伏幸太の発言に自分はこのベルトを統一したいわけではなくそれぞれの防衛戦を行う予定であったと言う

過去の内藤哲也のコメントを見ればその趣旨は良くわかる。

この飯伏幸太の快挙に反応したのが元盟友ゴールデン☆ラヴァーズのケニー・オメガ

ケニー・オメガはこの飯伏幸太の偉業達成をInstagramで祝福した。

ケニー・オメガと飯伏幸太
画像出典元
ケニー・オメガInstagram

飯伏幸太とケニー・オメガ

飯伏幸太の夢の続きが、ケニー・オメガとの再会ならこれは世界を股にかけたファンにとっては大きな夢の対決実現となるかもしれない。

ケニー・オメガ新日本プロレス退団からAWEの副社長へ




ケニー・オメガ日本で進化してAEWヘビー級王者へ

アメリカのプロレス団体、世界最大級エンターテインメント団体WWE

多くの日本人も活躍する。

新日本プロレスを退団したケニー・オメガは、WWEではなく新団体AEWを選択

副社長となった。

 

今ではWWEに次ぐ2番目の団体となったAEW

ケニー・オメガも飯伏幸太同様、悲願のAEWヘビー級王者となっている。

ケニー・オメガAEWヘビー級王座、IWGP・USヘビー級王者ジョン・モクスリーから奪う

AEWヘビー級王者ケニー・オメガとIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者飯伏幸太の再会は実現するのか?

 

新日本プロレスから去ったケニー・オメガだが日本を離れたわけではなく

古巣DDT参戦も決定していた。

 

推測の域だがケニー・オメガは、AEWと新日本プロレスの業務提携を望んでいたのなかろうか?

AEWケニー・オメガ電撃両国国技館で復活

しかしケニー・オメガのDDT継続参戦は保留

DDT愛を見せながらも、DDT竹下、遠藤には厳しいコメントも出した。

古巣への再度の出場については、「ミックストマッチで、DDTがふさわしい相手を用意してくれればもちろんやる」と明言し、時期は未定ながら前向きな姿勢を見せた。
ただ、竹下、遠藤との対戦となると「今やったとして、彼らが絶対に勝てないとは言わない。でも今、竹下や遠藤とやっても、DDTファンに見せたくないものを見せてしまう。私はDDTが大好きだから、そういうことはしたくない」とあくまでも厳しいコメントに終始した

ケニーオメガは日本で育ち世界でも通用する一流のレスラーとなった。

WWEを退団したケニーオメガと新日本を退団した中邑真輔

WWEから新日本プロレスを選んだケニー・オメガはWWEは窮屈

日本が好きなケニー・オメガの日本プロレス本格復帰は絶対ないとは、言えないであろう。

 

AEWでの仕事を全うしたらまた日本参戦の可能性も否定はできない。

新日本プロレスを退団、AEWへ移籍したケニー・オメガ

 

打倒WWEを掲げたケニー・オメガ、世界戦略を進めていた新日本プロレス

価値観は同じだったのかもしれない。

新型コロナウィルス感染拡大で頓挫してしまった新日本プロレスの戦略

 

前新日本プロレス社長、ハロルド・メイ氏はAEWとの業務提携に消極的だったとも言う

噂の域だが、新社長の誕生で、新日本プロレスとAEWの正式な業務提携の可能性も・・

 




日米頂点のゴールデン☆ラヴァーズケニー・オメガと飯伏幸太

日米で頂点に立ったケニー・オメガと飯伏幸太

飯伏幸太とケニー・オメガはDDTでゴールデン☆ラヴァーズを結成

異次元の戦いを見せた2人は新日本プロレスへ導かれる。

ゴールデン☆ラヴァーズ
画像出典元
NJPW

DDTでお互いを認め合った飯伏幸太とケニー・オメガ

新日本プロレスではケニー・オメガはバレット・クラブ

飯伏幸太はDDTと新日本プロレス同時所属であった。

ケニー・オメガ、ジュニアヘビー級からヘビー級転向、AJスタイルズの新日本プロレス退団でバレット・クラブリーダーに昇格

IWGP・USヘビー級王者、IWGPヘビー級王者と駆け上がっていく。

 

一方の飯伏幸太は一時新日本プロレスを退団したが再契約で新日本プロレス入団

ケニー・オメガが窮地に陥ると、ゴールデン☆ラヴァーズを復活させた。

しかしケニー・オメガ新日本プロレスを退団、現在AEWでは最高峰のAEWヘビー級王者に君臨

 

その後飯伏幸太はG1クライマックス28・29・30と決勝まで進み

29・30では優勝と連覇、レッスキングダム15ではIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者まで上り詰めた。

今後飯伏幸太がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座を連続で防衛する事で

なにかケニー・オメガとの関係が浮き彫りになる可能性もある。

 

果たして、頂点に立ったケニー・オメガと飯伏幸太の再会はあるのか?

あわせて読みたい記事