ジェイ・ホワイトが、後楽園ホールに登場

ジェイ・ホワイトが前日CHAOS、石井智弘を襲撃

翌日CHAOS VS バレット・クラブのイルミネーションマッチの試合に登場した。

オーバーザトップロープが退場となるイルミネーションマッチ

最後まで生き残った1人のチームが勝利となる。

 

CHAOSは、オカダ・カズチカ、石井智弘、後藤 洋央紀、矢野通、YOSHI-HASHI

バレットクラブは、ジェイ・ホワイト、タマ・トンガ、タンガ・ロア、EVIL、高橋裕二郎

 

バレットクラブは、ジェイ・ホワイトに外道、EVILにディック東郷

タマ・トンガ&タンガ・ロアには邪道がセコンドに付く異様な光景

 

オカダ・カズチカとEVILが前哨戦を続ける中次第に熱くなる展開

まずはオカダ・カズチカをオーバーザトップロープで退場に追い込と

 

退場したEVILがオカダ・カズチカにちょっかいを出したところでオカダ・カズチカはエキサイト

自らリングを下りて退場となった。

これが結果、CHAOSの不運を招くことになる。

矢野通が高橋裕二郎を退場に追い込むと、ジェイ・ホワイトが矢野通、石井智弘、後藤洋央紀を退場に追い込む

勢いは戻ったジェイ・ホワイト

ここで復活を証明する必要がある。

キング・スイッチ、ジェイ・ホワイト登場、ブレードランナーで石井智弘KO

オカダ・カズチカがEVILにこだわるように、ジェイ・ホワイトもまた石井智弘を付け狙う

キング・スイッチ、ジェイ・ホワイト登場、ブレードランナーで石井智弘KO

ジェイ・ホワイト、YOSHI-HASHIを破壊




CHAOSはYOSHI-HASHIが1人の残りとなった。

バレットクラブは代わる代わる、YOSHI-HASHIをいたぶる

IWGPタッグ王者タマ・トンガ&タンガ・ロアはガン・スタンをYOSHI-HASHIに・・

 

ダウンするYOSHI-HASHIをカバーするジェイ・ホワイトだがカウント2で引き起こす

再びYOSHI-HASHIに攻撃を加えてフォールするがまたしてもカウント2で引き起こす

 

完全にグロッキー状態のYOSHI-HASHIだが攻撃をやめないジェイ・ホワイト

石井智弘はリング下で見守るが試合に参加出来ない、石井智弘に見せつけるかのように

YOSHI-HASHIを痛め続ける、ジェイ・ホワイト、タマ・トンガ、タンガ・ロア

 

ジェイ・ホワイトがブレードランナーを狙った所でCHAOSはタオル投入

試合終了となったが、ジェイ・ホワイトはYOSHI-HASHIにブレードランナーを発射する

完全にYOSHI-HASHIを破壊してしまったジェイ・ホワイト

 

ジェイ・ホワイトNEVER無差別6人タッグ挑戦

ジェイ・ホワイトは試合終了後、石井智弘、後藤洋央紀が保持するNEVER無差別6人タッグ王座に挑戦を表明

ジェイ・ホワイトとIWGPタッグ王者タマ・トンガ&タンガ・ロアとチームを結成

石井智弘から全てを奪い取るそんな思いか?

まずは石井智弘が持っているベルトに照準を絞った

 

新日本プロレス退団の噂から完全に復活した、スイッチブレード

キング・スイッチジェイ・ホワイト

NEVER 6人タッグ王座は3対3で闘う。ベルトは3つあり、それぞれに与えられる。だが、今日は2人しか巻いてなかった。試合が終わって、タマとロアが1つずつベルトを掲げる横で、俺の手は空っぽだった。それでチャンピオンのお前ら、今日の借りを返したくてたまらないんだろ? なら、挑戦を受けろ! ベルトも俺たちに巻かれるほうが何倍も良いと言ってる……」




オカダ・カズチカ、石井智弘、後藤洋央紀報復、荒れ狂うジェイ・ホワイト

連日続く、CHAOSとバレット・クラブの対決

オカダ・カズチカは、EVILと日に日に戦いが熱くなる

オカダ・カズチカの存在感は大きい

オカダ・カズチカとEVIL
画像出典元
NJPW

EVILもジェイ・ホワイトとしっくりいくタッチワークをかわし

バレット・クラブもユニットして起動してきている。

前夜YOSHI-HASHIを破壊されたCHAOS、石井智弘はジェイ・ホワイトめがけて一直線

 

しかしジェイ・ホワイトは、石井智弘の攻撃をかわし続けるテクニックをみせ

石井智弘をいらだたせる、矢野通が場外から矢野通の動きを止めると

渾身のラリアットをジェイ・ホワイトにヒットさせた石井智弘

 

終盤、ジェイ・ホワイトを石井智弘、オカダ・カズチカが場外で攻撃

そこへ解説席にいた後藤洋央紀もジェイ・ホワイトへ攻撃を加える

CHAOSジェイ・ホワイトに報復
画像出典元
NJPW

試合は矢野通が、デック東郷と高橋裕二郎を誤爆させ、股間、丸め込みでCHAOSの勝利

試合後荒れ狂うジェイ・ホワイトは、ヤングライオンに八つ当たりの椅子攻撃を何度も繰り返し

怒りは止まらない

 

激しくなる戦いCHAOS石井智弘、後藤洋央紀、YOSHI-HASHIとの遺恨は深まるジェイ・ホワイト

注目のNEVER無差別6人タッグ選手権




あわせて読みたい記事