存在感を放つ7年連続ベストバウトのオカダ・カズチカ

新日本プロレスのレインメーカーオカダ・カズチカ
CHAOSの大将として新日本プロレスを牽引、ヒールのイメージはもはやないオカダ・カズチカ
どちらかと言えばオカダ・カズチカは、新日本プロレスの顔本隊と言ってもいい。

2020年IWGPヘビー級王座を内藤哲也に奪われ、現在無冠のオカダ・カズチカ
しかしその存在感はどのレスラーよりも輝く。

最近入場シーンでは声を出せない観客を鼓舞するオカダ・カズチカ。

オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW

無冠とは言え、オカダ・カズチカは7年連続ベストバウトを受賞
ベストバウトとはプロレスの試合の、1年間で最も評価された試合

プロレスの歴史で最多ベストバウト最多受賞者は8回受賞の天龍源一郎となる。
天龍源一郎は、全日本プロレス→SWS→WAR→WJ→新日本プロレス→プロレスリング・ノア
→ドラゴンゲート→ハッスルなどフリーを得て引退する65歳引退まで8回受賞

オカダ・カズチカは、まだ30代で7回受賞その全ての試合は新日本プロレスで起こった
最高の試合となる。

オカダカズチカVSケニー・オメガ無制限3本勝負決定無尽蔵のスタミナ決定戦

新日本プロレスの中だけでのとてつもない試合が続く中、ヘビー級、ジュニアヘビー級問わず
見たその日はこの試合を超えるのはあるのか?
そんな試合を抑えてオカダ・カズチカはベストバウトを獲得してきた。

苛立つオカダ・カズチカ、EVILとの直接対決は?

2020年IWGPヘビー級に絡めなかったオカダ・カズチカは2021年早々と始動
まずは2020年ニュージャパンカップで敗戦したキング・オブ・ダークネスEVILとの直接対決を希望した。
新日本プロレスはオカダ・カズチカの発言した事はすんなりと受け入れると思いきや
その気配すらないまま、前哨戦?とも言える戦いばかり続く。

直接対決がまだ発表されてない事を考えれば前哨戦とも言えない戦いとなる。

その新日本プロレスの姿勢にオカダ・カズチカは苛立ちを隠せない。

オカダ「オイ! 新日本プロレス!! カード変わったな。何で俺とEVILが組まれてねーんだよコノヤロー! 俺が、言ったことは何でもやってくれるのが新日本プロレスじゃねーのか! 俺は怒んねーけどな内藤さんがなんていうかわかんねーぞコノヤロー! あっちもやる気だろう! さっさと組め新日本プロレス! いつでもいいんだ! 組まないんだったら、もういいよ組まないで。そしたら俺はタッグマッチで1本獲って、先進んでやる!!」

EVILも臨戦態勢に入った発言

シングルマッチは濃厚と思われたが・・

EVIL「オカダよ! オメーはよ、もう“顔”じゃねーんだコノヤロー! テメーはよ、必ず潰してやるよコノヤロー! なあ、オイ」
東郷「オイ! ただ、恥かくだけだぜ!」
EVIL「よーし、行くぞコノヤロー」

3月に開催されるNEW JAPAN CUP (NJC) 2021

新日本プロレスNEW JAPAN CUP (NJC) 2021開催決定、日程、出場選手は?

NEW JAPAN CUPでの借りはNEW JAPAN CUPで?




あわせて読みたい記事