オカダ・カズチカピンフォール負け

オカダ・カズチカが、バレット・クラブEVILとのシングルマッチ前哨戦で
石井智弘とタッグを結成、EVIL&ジェイ・ホワイトと対戦したが
デック東郷のスポイラーチョークからEVILの必殺技EVILでKOピンフォール負けとなった。

バレット・クラブEVIL
画像出典元
NJPW

CHAOSとバレット・クラブの全面戦争は、大阪城大会まで待てない激しい抗争を展開
CHAOSが有利に進めると、ジェイ・ホワイトは場外にエスケープ
ピンチになると、デック東郷が手を出す。

それよりもEVILとジェイ・ホワイトのタッチワークが素晴らしい
この展開になれば、明らかにオカダ・カズチカと石井智弘が不利な展開になる
ここに来て、EVILとジェイ・ホワイトのチームワークがかみ合ってきた。

優位に進めるバレット・クラブ

バレット・クラブがCHAOSを圧倒
ジェイ・ホワイトは石井智弘、オカダ・カズチカはEVILとのシングルマッチを控えるが
ジェイ・ホワイトには、外道が
EVILにはデック東郷がセコンドに付くいつもの戦い。

首締め、急所攻撃、鉄柵でオカダ・カズチカも石井智弘も失神に追い込まれる展開
4対2では明らかに分が悪い。

CHAOSとバレット・クラブの全面戦争
画像出典元
NJPW

大阪城大会までの前哨戦で、バレット・クラブは大暴れ
オカダ・カズチカをKO
石井智弘を失神まで追い込んでしまった。

EVILが言う勝者こそが正義、オカダ・カズチカは過去の栄光にすがっているがもはや顔じゃない
果たしてオカダ・カズチカと石井智弘に勝算はあるのか?
オカダ・カズチカと石井智弘が大阪城大会で敗戦となると、EVILの言う正義が成立してしまう。
再び窮地に陥るオカダ・カズチカ。

CHAOSとバレット・クラブ大阪城ホール全面戦争、石井智弘に勝てないジェイ・ホワイトのジレンマ




あわせて読みたい記事