WWE紫雷イオNXT女子王座防衛に成功

2020年6月にNXT女子王者となった。WWE紫雷イオ
長期政権となったNXT女子王座。

最も難敵と言う、トニー・ストームとの防衛戦に挑んだ。
トニー・ストームは紫雷イオに対して圧倒的な自信を見せた。
日本の女子プロレス団体スターダム✪stardom時代から戦いを続ける、紫雷イオとトニー・ストーム
WWE紫雷イオとなり初めて参加した、メイヤングクラッシックトーナメントでもその優勝を阻んだのはトニー・ストーム

トニー・ストームを倒して真の王者へ紫雷イオが挑んだ。
試合は激しい戦い。
トップロープからブレーンバスターで紫雷イオを追い込むトニー・ストーム
畳みかけるトニー・ストームは、エプロンで危険なタイガー・ドライバーを狙うも紫雷イオは回避。

場外へ落ちたトニー・ストームに場外、ムーンサルトを決めて勢いに乗る紫雷イオ



リング内で再びムーンサルトを狙うも誤爆見逃さない
トニー・ストームは反撃に出るタイガー・ドライバーカウントは2でタップアウト
追い込まれる紫雷イオ。

トニー・ストームはトップロープからダイビングヘッドバットの大技を狙い紫雷イオを仕留めにかかる。
しかしこれが誤爆、紫雷イオはトニー・ストームを捕獲
永田ロックのような、複合関節のフェイスロックで締め上げる。

トニー・ストームはたまらずギブアップ
紫雷イオがNXT女子王座防衛に成功した。

WWE 紫雷イオ
画像出典元
(ⓒ2021-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

最大の敵トニー・ストームを撃破した紫雷イオ。
次なる標的は?
新設されたNXT女子タッグか?

紫雷イオVSトニー・ストーム

時期挑戦者は、ラケル・ゴンザレス

紫雷イオは、時期挑戦者にラケル・ゴンザレスを指名

新設されたNXT女子タッグ初代王者に女子ダスティ杯優勝者ダコダ・カイ&ラケル・ゴンザレスが認定されたが
そこへ挑戦を表明したエンバー・ムーン&ショッツィ・ブラックハートに奪われてしまった。
インタビューを受けているラケル・ゴンザレスの前に現れた、紫雷イオはお前がいいなとラケル・ゴンザレスを指名した。

紫雷イオとラケル・ゴンザレス
画像出典元
(ⓒ2021-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

明らかに身長差のあるラケル・ゴンザレスを指名した紫雷イオ。
WWE 紫雷イオ NXT女子王座防衛 前哨戦、ラケル・ゴンザレスのパワーに苦戦。

あわせて読みたい記事