棚橋弘至、ジェイ・ホワイトとの前哨戦に勝利。

NEW JAPAN CUP 2回戦棚橋弘至VSジェイ・ホワイト
イメージ的には分が悪いジェイ・ホワイト戦であるが、NEVER無差別級王者となった棚橋弘至は相変わらず好調である。

この日は6人タッグで元気な、ジュース・ロビンソンとトーア・ヘナーレとジェイ・ホワイト、チエーズ・オーエンズ、KENTAと対戦。
棚橋弘至は、チエーズ・オーエンズをドラゴン・スクリューからエグイテキサスクローバーでギブアップ勝ちを奪って見せた。

NEW JAPAN CUP1回戦トーア・ヘナーレに勝利したジェイ・ホワイトは、NEW JAPAN CUPをNEW Jay-PAN CUPとよび
俺がリアル優勝者になって、狂気の飯伏幸太を倒すと宣言した。
シードの棚橋弘至には、たっぷりと休む時間があって良かったなと自らがレッスキングダム1・4を休んで、1・5飯伏幸太に挑戦したのを棚に上げた発言。
NEW JAPAN CUP2021・1回戦ジェイ・ホワイトVSトーア・ヘナーレ対戦結果は?

神になった飯伏幸太、最高のベルトと最強のベルト統一へ、時期挑戦者はSANADA

棚橋弘至はNEVER無差別級王者でのシードで正当性ある2回戦からとなっている。

ジェイ・ホワイトを棚橋弘至も2回戦を突破するとベスト8で優勝が近づいてくる事もあり
心理戦が続いていくようだが
棚橋弘至自体は、プロレスを楽しむと共にファンサービスも忘れていない。

棚橋弘至はジェイ・ホワイトの進化を認め、NEVER無差別級王者でありながら
ジェイ・ホワイトと自分の立場は、ジェイ・ホワイトにとっては入れ替わったと言う。
しかし棚橋弘至は、NEVER無差別級王者にも愛着を見せNEVER無差別級のベルトと共にNEW JAPAN CUP 2021の優勝を誓った。

久しぶりの対戦となる棚橋弘至VSジェイ・ホワイト



あわせて読みたい記事