IWGP世界ヘビー級のベルト登場

2020年3月30日
新設されたIWGP世界ヘビー級のベルトがお披露目された。

IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座のベルトの歴史が終わった
新しい時代の幕開け。
初代IWGP世界ヘビー級王者飯伏幸太。

IWGP世界ヘビー級王者 飯伏幸太登場 ベルトのデザインは?

飯伏幸太IWGPベルト返還

そしてIWGP世界ヘビー級ベルトお披露目

IWGP世界ヘビー級ベルト
画像出典元
NJPW

飯伏幸太へ贈呈された。

飯伏幸太勝つまでベルトを巻かない

メインでUNITED EMPIREと対戦した初代IWGP世界ヘビー級王者飯伏幸太。
肩にベルトをかけて登場。

飯伏幸太
画像出典元
NJPW

飯伏幸太はジェフ・コブをカミゴエからピンフォール勝ち。
ウィル・オスプレイに勝つまでベルトは巻かないと宣言。

IWGPヘビー級ベルト歴史

1987年初代IWGPヘビー級のベルトは、IWGPヘビー級トーナメントが始まり初代王者が誕生。
初代IWGPヘビー級王者アントニオ猪木
橋本真也が2代目のベルトを巻く。

3代目のベルトがいわくつきで、ブロック・レスナーが保持するが、契約上のトラブルで剥奪となる。
ブロック・レスナーはベルトは返還しないまま新日本プロレスへ来ることはなかった。

新日本プロレスは2代目のIWGPヘビー級のベルトを認定中邑真輔が王者となる。
幻の3代目IWGPヘビー級のベルトは、アントニオ猪木が立ち上げた新団体IGFに行ったブロック・レスナーが新日本プロレス非公認で防衛戦が行われた。ブロック・レスナーVSカートアングル
カート・アングルが勝利。3代目IWGPヘビー級のベルトはカート・アングルが保持

新日本プロレス非公認ながらIWGPヘビー級王者が2人となった。
新日本プロレスは、中邑真輔とカート・アングルで統一戦を行い。
中邑真輔が勝利統一される。

統一されたベルト4代目は、中邑真輔、棚橋弘至、AJスタイルズ、オカダ・カズチカ、内藤哲也、
EVIL、飯伏幸太へと継承された。

IWGPヘビー級インターコンチネンタルの歴史は、2011年アメリカ大会で初代王者が決まり。
2012年から後藤洋央紀から中邑真輔が保持2代目インターコンチネンタルのベルトが誕生。
中邑真輔色に染めたままWWEへ。

ケニー・オメガ、棚橋弘至、内藤哲也などで中邑真輔色を変えていくことになる。
オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト、飯伏幸太、内藤哲也で争われ
IWGPヘビー級王者VSインターコンチネンタル王者対戦が東京ドーム大会で開催。
1日目勝ち上がった オカダ・カズチカと内藤哲也でWタイトル戦が行われた。

結果は内藤哲也が、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となった。
キングオブ・ダークネスEVIL、内藤哲也、飯伏幸太と2冠が移動。
単体での防衛戦が行われず、飯伏幸太が統一を宣言。

SANADA、内藤哲也、エル・デスペラード戦と2冠防衛戦を経てIWGP2つのベルトは統一。
IWGP世界ヘビー級王座誕生となった。
IWGP世界ヘビー級のベルトには全ての歴代ベルトのデザインが継承されている。

あわせて読みたい記事