ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也華麗なる変身

最近のプロレスブームは新日本ブームと言ってもいいだろう。
近代化したプロレス。エンターテインメントをプラスしたプロレスが新日本プロレス。

その頂点に立ったのはオカダ・カズチカではなく内藤哲也。
プロレス総選挙(2017) 第1位内藤哲也。

絶対的な強さを持つオカダ・カズチカより、内藤哲也が支持された。
2016年の内藤は、IWGPインターコンチネンタル王座のベルトを持ちながら対戦相手にも恵まれていない。

白のベルトのイメージの付いた、中邑真輔を否定した戦い。中邑真輔を否定する戦いを、展開してきたかのように思える内藤哲也。
だが、中邑真輔のイメージを消さないと白のベルトは生きてこない。
中邑真輔と共に、外国人エースAJスタイルズを筆頭に大量離脱した新日本プロレス。

そこに登場したのがロスインゴベルナブレス・デ・ハポンである。

その後オカダ・カズチカの奮闘もあり、新日本は盛り返した。
棚橋弘至の不調から、オカダに匹敵するコマがなかった時内藤哲也が浮上した。

そもそも内藤哲也が実力がありながら、ファンからの支持が低かった。
内藤哲也のロス・インゴベルナブレス・デハポンは当初、内藤哲也のたわごと?
内藤哲也がスターダストを捨てた?だが内藤哲也は本気でユニットを増殖させる。
ヒールにこだわりモデルチエンジした内藤哲也が生まれた。

内藤哲也は新技デスティーノを引っ提げて、新生内藤哲也をアピールした。
元々レスリングスタイルは、見るものを魅了するレスリングスタイルの内藤哲也。

その内藤哲也に、ヒールの要素を加えた内藤哲也。必殺技は、スターダストからデスティーノへ変更。

さらにEVILやBUSHI、SANADAの加入もあり、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは勢力を増す。

ロス・インゴベルナブレス・デハポンは観客も味方につける。
いまではカッコイイユニットの代名詞となる。
ついには悲願の、IWGPヘビー級王者となった。

新日本プロレス 内藤哲也 IWGPヘビー級王座初戴冠

皮肉にもベビーフェイの内藤哲也にはIWGPヘビー級王座は微笑まず。
ヒールの内藤哲也にIWGPヘビー級のベルトは微笑んだ。

念願のIWGPヘビー級を獲得した内藤哲也。IWGPヘビー級を投げ捨て制御不能をアピールしてみせた。

内藤哲也と言う男の生きざま

内藤哲也の進んでる道は?
オカダ・カズチカは、絶対的な強さを誇る選手。

オカダ・カズチカvs内藤哲也の対戦を見たい?と思ってる方はどれくらいいるのだろうか。

個人的な考えは路線がリンクしてこない。
内藤哲也は、圧倒的なファンと内藤哲也が負けてほしいプロレスファンがいる。
それは、プロレスを見るものには魅力的な戦いとなる。善と悪がはっきりしている戦い。
=内藤哲也の試合が見たいという事になる。反則などを繰り返し

敵を作り負ける事もまた魅力になる内藤哲也。
オカダ・カズチカは勝つこ事が絶対条件。負ける事の出来ない戦いを課せられる。
内藤哲也とオカダ・カズチカが、リンクするときはいつか?

個人的にはEVILががいつ内藤哲也を裏切るのかなど注目。
エンドレス対決に、終止符を打てるか?IWGPヘビー級選手権試合、内藤哲也Vsキング・オブ・ダークネスEVIL
内藤哲也の今後に注目

だが内藤哲也には自分だけに見えるビジョン、景色があるのだろう。

世界からも注目される団体になっている新日本プロレス。
新日本はアントニオ猪木が世界最強のプロレス団体を目指し旗揚げした団体。
今のファンは知らないとは思うが、数々の歴史を積み重ねてきている団体という事になる。

内藤哲也
画像出典元Number

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊の序章は2020年起こった
キング・オブ・ダークネスEVILがロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退

キング・オブ・ダークネスEVIL、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となる。

あわせて読みたい記事