チャンピオン・カーニバル(CC)2021開催

全日本プロレス春の祭典チャンピオン・カーニバル(CC)2021の開催決定。
全日本プロレスチャンピオン・カーニバル(CC)は1973年から開催されている
歴代優勝者には、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、三沢光晴、川田利明、スタン・ハンセンなどそうそうたる選手。

全日本プロレス最強を決めるリーグ戦。
2020年優勝はゼウス。
ゼウスは全勝で優勝した。

3冠ヘビー級王者諏訪間がベルトと最強の称号を独占するか?

宮原健斗の巻き返しとなるか?

チャンピオン・カーニバル(CC)出場選手

2021年チャンピオン・カーニバル(CC)出場選手は10名
参加選手と出場回数。

2020年優勝 ゼウス 8回目
3冠ヘビー級王者 諏訪間 16回目
世界タッグ王者 宮原健斗 8回目
世界タッグ王者 青柳優馬 3回
GAORA TV チャンピオン石川修二 5回目

芦野祥太郎 2回目 ジェイク・リー 5回目
土肥こうじ 初出場 佐藤耕平 初出場
大谷晋二郎 初出場

全日本プロレスチャンピオン・カーニバル(CC)
画像出典元
チャンピオン・カーニバル(CC)

注目は、昨年2020年全勝優勝のゼウス。
再びチャンピオン・カーニバル(CC)での強さを見せるか?
3冠ヘビー級王者での優勝はジャンボ鶴田など含めて7名※2020年
宮原健斗も2019年全勝優勝。

3冠ヘビー級長期政権に入った諏訪間が全勝優勝を目指す。
ゼロワンの大谷晋二郎の初出場にも注目が集まる。

ジェイク・リーの動きも目が離せない。
諏訪間と宮原健斗に喧嘩を売ったジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル優勝と3冠ヘビー級王者獲得で、全日本プロレスの天下取りに挑む。
現在ジェイク・リーが作ったユニット、トータル・イクリプスが全日本プロレスリングを荒らしている。

今回のチャンピオン・カーニバルの優勝はジェイク・リーとの呼び声も高い。

チャンピオン・カーニバル(CC)は総当たり戦で最も勝ち点の多い選手が優勝。
同点の場合は優勝決定戦が行われる。
激戦間違いない全日本プロレスチャンピオン・カーニバル(CC)2021。

あわせて読みたい記事