UNITED EMPIREとロスインゴベルナブレス・デ・ハポン抗争

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとUNITED EMPIREの抗争になったレスリングどんたく。
前哨戦のRoad to レスリングどんたく 2021で激しい戦いを展開。
レスリングどんたく 2021でシングルで戦うSANADAとアーロン・ヘナーレ。

2021年ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンSANADAは、飯伏幸太の保持するIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座に挑戦。敗戦するも、2020年の勢いのまま2021年を迎えた。今年こそは王座獲得が期待される。
NEW JAPAN CUP3回戦でウィル・オスプレイに敗戦。ウィル・オスプレイがそのまま優勝する。

UNITED EMPIREのアーロン・ヘナーレは、本隊で伸び悩む。同世代のジェイ・ホワイトが外国人トップを走る。
デビット・フィンレーもNEW JAPAN CUP 2021でジェイ・ホワイトから勝利を奪い、新たな時代を予感させた。

同じく同世代のウィル・オスプレイがNEW JAPAN CUP 2021優勝。
NEW JAPAN CUP 2021 新時代到来。1人取り残されたトーア・ヘナーレ。

ヘナーレの出遅れは否めなかった。
そんなヘナーレが、UNITED EMPIREの新メンバーXで登場。
風貌、技全て変化させアーロン・ヘナーレと名乗り登場した。

UNITED EMPIREの新メンバーXは?トーア・ヘナーレ?海野翔太?辻陽太?

フィッシャーマンズ式デスバレーボムで、SANADAからピンフォール勝ちを奪った。
新日本プロレストップSANADAからのピンフォールは、衝撃を与えた。

アーロン・ヘナーレ
画像出典元
NJPW

本隊の頃は負けキャラのトーア・ヘナーレの姿は消えた。
SANADAもこのままで終わるわけにはいかない。
レスリングどんたく2021 広島大会で決着をつける。

あわせて読みたい記事