WWEリリース選手にペイトン・ロイス。

WWEで再び大量解雇。
2011年は、日本のケンドー・カシンがコーチ解任となり解雇の話題が。
2011年は、20選手がリリースされたWWE。

殿堂入りしているカート・アングルもと言うから驚きである。
2012年もWWEで解雇情報が流れた。
元WWE女子タッグ王者のビリー・ケイとペイトン・ロイス
元US王者のカリスト、モジョ・ローリーなど10名がリリース。
ペイトン・ロイスVSカブキ・ウォリアーズ
カブキ・ウォリアーズとも戦ったペイトン・ロイス。

ケンドー・カシンも解雇対象になった。
WWE大量解雇ケンドー・カシンなど20名

WWE 大量解雇 日本人選手は?ケンドー・カシン。

ペイトン・ロイスは現状について不満を漏らしていた。
前RAW女子王者が怪我で欠場。
欠場中に自らを売り出したペイトン・ロイスだがその願いは叶わず。
カイリ・セインやアスカとも縁が深い選手も退団となる。

カイリ・セインもペイトン・ロイスのWWE解雇でTwitterでツイートした。

今後解雇された選手は?AEWへの流出も懸念されるが、WWEオーナーマクマホンは意に介していないとの報道も。
まだ、現役バリバリの選手の解雇で衝撃を与えた。

WWEコロナ禍で経営困難か?

昨年から大物選手の解雇が続くWWE。
世界最大のエンターテインメントWWEが窮地?

コーチや現役選手、さらには殿堂入り選手もリリースしたWWE。

あわせて読みたい記事