永田裕志IWGP USヘビー級王座獲得ならず

アメリカに乗り込んだ新日本プロレス永田裕志。
ジョン・モクスリーの指名を受けてIWGP USヘビー級王座挑戦へ。
新日本プロレスvsAEWとなった一戦。

前哨戦では、ナガタロックでジョン・モクスリーの度肝を抜いたが。
ジョン・モクスリーは強かった。

永田裕志も得意のエクスプロイダーや白目脇固めをだしレジェンドの意地を見せるも
ジョン・モクスリーの膝蹴りから、ダブルアームDDTで永田裕志からピンフォール勝ち。

試合後はレジェンド永田裕志を労うジョン・モクスリーが印象的。

永田裕志のアメリカでのIWGP USヘビー級王座獲得はならず。
ジョン・モクスリーがIWGP USヘビー級王座4度目の防衛に成功。

IWGP USヘビー級王座の行方

新日本プロレスが管理するIWGP USヘビー級王座。
日本では防衛戦が行われない。

KENTA、永田裕志と挑戦したが王座獲得出来ない状況。
KENTA、ジョン・モクスリーのIWGP・USヘビー級に挑戦初戴冠なるか?

IWGP USヘビー級王座は海外流出したままである。
ジョン・モクスリーからIWGP USヘビー級王座を奪い返す新日本プロレスレスラーは?

IWGP USヘビー級歴代王者、ジェイ・ホワイトやジュース・ロビンソン
などは現在別の王座を獲得。
新日本プロレスからの挑戦者は?

IWGP USヘビー級の定義も不明確になって来た。
棚橋弘至辺りが挑戦してくれたら面白い展開。
ジェイ・ホワイトに続き4冠王者となる。

グランドスラム 達成 ジェイ・ホワイト 重要なベルトになったNEVAER無差別級

AEWと新日本プロレスのなかでやり取りが続くIWGP USヘビー級王座の行方は?

あわせて読みたい記事