中邑真輔がチャド・ゲイブルをキンシャサKO

キング・コービンから王冠を奪って、ご機嫌の中邑真輔。
キング・オブ・ストロングスタイル中邑真輔。

リック・ブーグスのギター演奏で入場する中邑真輔がチャド・ゲイブルと対戦。
チャド・ゲイブルのスープレックスに苦戦する場面も。

ムーンサルトを回避すると、中邑真輔はチャド・ゲイブルにキックの嵐。
ライダー・キックもずばりと決まる。

最後は、キンシャサがずばり決まりKOとなった。喜ぶ中邑真輔だが・・

試合中解説席に置いてある、中邑真輔の王冠?をキング・コービンが持ち去ろうとしている。
これは、中邑真輔のじゃなく俺の王冠だ。

それに気付いた中邑真輔は、キング・コービンを追いかける。
そこで背後から、リック・ブーグスがキング・コービンを殴打。

転がる王冠をニヤリと笑って拾い上げる中邑真輔
リック・ブークスとのコンビも入場と変わらず息がぴったりと言う事であろう。

悔しがるキング・コービンが印象的。

中邑真輔は王冠をゆっくり被りポーズを決めた。

WWE 中邑真輔キング・コービンから王冠を強奪。キング・オブ・ストロングスタイル復活。
WWEでの中邑真輔の人気はいまだに健在。

中邑真輔のWWE王座獲得の瞬間が見たいが。
現在中邑真輔のふるさと新日本プロレスとWWEが提携の噂が流れている。
実現する中邑真輔の逆上陸はありえるのか?
中邑真輔も米メディアにまだWWEでやる事があるとしながら。

また棚橋弘至とも戦いたいとコメントを残した。
中邑真輔も棚橋弘至も40歳を超えて来た。
プロレス選手のピークを迎える2人の今後の展開にも期待したい。

コロナ禍の中、メジャー団体が大きく動く可能性もある。

中邑真輔再びキング・コービンと対戦

中邑真輔vsキング・コービン

新日本プロレスとWWEが業務提携のうわさが流れる。提携はあるのか?

あわせて読みたい記事