三沢光晴メモリアル2021 マサ北宮

GHCヘビー級王者武藤敬司に挑戦評価を上げた、マサ北宮。
現在GHCタッグ王者。

三沢光晴メモリアル大会でGHCタッグの防衛戦を行った。
だが結果は勝利もとんでもない事が起こった。

試合後のマサ北宮のTweet

やっぱり無理だ。

金剛の中嶋勝彦とタッグを組むマサ北宮は、ベテランのモハメド・ヨネ&谷口周平と防衛戦に挑んだ。
王者より、体の大きい挑戦者に苦戦する場面も、中嶋勝彦も追い込まれたが得意のキックからヴァーティカルスパイクで勝利。

これで王者防衛とハッピーエンドのはずが、グータッチしたマサ北宮は中嶋勝彦の背後に回りバックドロップ。
マサ斎藤直伝の、サイトースープレックスでな中嶋勝彦をKO。

慌てる、金剛リーダー拳王と金剛達。マサ北宮マイクパフォーマンスで中嶋勝彦の事を、嫌いで仕方ないと叫ぶ。
唖然とする拳王達。

マサ北宮金剛離脱か?

試合中中嶋勝彦のキックがマサ北宮に誤爆。
マサ北宮の、たまりにたまった感情が爆発した。マサ北宮は金剛あばよ、拳王世話になったと言ってリングを後にした。

マサ北宮は、中嶋勝彦、全日本プロレスの宮原健斗と同じ、佐々木健介と北斗晶が設立した健介オフィス出身。
その頃から嫌いだったと言うマサ北宮。
一時はタッグを組むが解消、再びタッグ結成でGHCヘビー級王者となっていた。

事実上のタッグ解散となる。中嶋勝彦とマサ北宮。
だがマサ北宮はベルトを持ったまま退場。
今後タッグのベルトの行方が気になるところ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

試合中不敵な笑みを見せる中嶋勝彦。
マサ北宮と対立か?
マサ北宮の本音が爆発した。

武藤敬司 GHCヘビー級防衛戦決定 挑戦者マサ北宮

決着戦は敗者髪切りマッチ デスマッチとなる

記者会見で金網マッチを要求するマサ北宮。

中嶋勝彦は、マサ北宮を女々しいと言う。
結果乱闘となる。

乱闘を起こす中嶋勝彦とマサ北宮。
中嶋勝彦とマサ北宮の決着戦は金網デスマッチ。
負けたら坊主の敗者髪切りマッチ。

GHCタッグのベルトの扱いは?
お互い返上する気はないと言う。

あわせて読みたい記事