WWE女子最弱ラナ解雇

WWEで再び大量解雇。
解雇者は、WWE女子アスカともタッグを組んだ最弱ラナを含む
最近のWWEバッククラッシュで活躍したブラウン・ストローマン。

ルビー・ライオット、マーフィー、アリスター・ブラック、サンタナ・ギャレット。
2020年はケンドー・カシン、今年4月も起こったWWEの大量解雇。

WWE 再び大量解雇、2021年リリースされた選手は?
最弱ラナは、WWE女子タッグ戦線で活躍。
WWE女子タッグ王座も挑戦したばかりであった。

最弱ラナ、WWE女子タッグ王者へ一歩前進再び、ナイア・ジャックスに勝利

最弱ラナ、WWE女子タッグ王者へ一歩前進再び、ナイア・ジャックスに勝利

AEWへの選手流出も多いWWE今後も大量解雇の可能性は否めない。

WWE 大量解雇 日本人選手は?ケンドー・カシン。

ラナTwitterで退団の報告と感謝。

あわせて読みたい記事