オカダ・カズチカIWGP世界ヘビー級王座

オカダ・カズチカがIWGP世界ヘビー級王座について語る。
オカダ・カズチカは、アントニオ猪木から続いてきた、IWGPヘビー級王座の連続防衛記録保持者。

新設されたIWGP世界ヘビー級王座は、腰に巻いていない。
初挑戦とされる事に納得がいかない?初とは思ってないとも言う。
あくまでもIWGPヘビー級ではないが、IWGPヘビー級のベルトへの挑戦と言う事であろう。

オカダ・カズチカは、IWGPヘビー級歴代王者の中で、最多連続防衛回数、最多通算防衛回数を記録している。
凱旋帰国してから、共に凱旋帰国した、YOSHI-HASHIと凱旋帰国試合を行い。レインメーカーで勝利。

その時に放ったレインメーカーは、ネックブリカー的なレインメーカーであまり注目されなかった。
だが、外道とコンビを結成。棚橋弘至に挑んだオカダ・カズチカの顔はギラついていた。

オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW

2012年から2020年までIWGPヘビー級王座の主役はオカダ・カズチカであった。

その統一されたIWGP世界ヘビー級王座。ベルトへの愛着はないのは理解できる。
オカダ・カズチカの主張は、新日本プロレスの歴史の中で一番やってはいけない事に上げる。
IWGP王座の統一。

2冠王者誕生から始まった、IWGP王座の統一
だが2冠の王座戦を決めたのも、ある意味オカダ・カズチカ。
IWGP世界ヘビー級王座は呪われてるとも言うオカダ・カズチカ。
初代王者防衛0回、2代目王者首の負傷で返上。思いの詰まったIWGPヘビー級を封印した呪い?

その呪いをオカダ・カズチカが払拭する。
IWGPヘビー級統一を阻止出来なかったのも、オカダ・カズチカであった。
内藤哲也もIWGPヘビー級統一阻止に動いたが、飯伏幸太に敗戦となった。
飯伏幸太と内藤哲也10度目のシングルマッチ、神のカミゴェの威力。

オカダ・カズチカ、内藤哲也、棚橋弘至などは、IWGP世界ヘビー級王座への考えは、ある程度一致していたのではないか?
神となった飯伏幸太を止められなかった3人となる。

オカダ・カズチカとウィル・オスプレイ

ウィル・オスプレイを見出したオカダ・カズチカ。
ウィル・オスプレイの進化は、オカダ・カズチカにとっては想定内と言う。

レベルが違うと言うウィル・オスプレイに、これぐらいの成長をすると思って新日本プロレスへ招いた。
そう言うオカダ・カズチカ。

ウィル・オスプレイは、さらに進化すると言うオカダ・カズチカ。
だがその上を自分は行くと言う。
そのウィル・オスプレイを倒したかったと言うオカダ・カズチカ。

ウィル・オスプレイとの対戦はいつになるか分からないが、実現するであろうとも言う。

オカダ・カズチカ鷹木信悟

オカダ・カズチカは、鷹木信悟の印象をガンガンくる選手。
新日本プロレス生え抜きとは、また違う空気を持ったレスラー。

鷹木信悟が、新日本プロレスへ登場したロスインゴベルナブレス・デ・ハポンX。
登場した時は、全く意識していなと言う。
最強となったオカダ・カズチカ。他の団体の選手が来たとなそれくらいの印象。

鷹木信悟は新日本プロレスジュニアヘビー級戦線で戦い。
鷹木信悟とオカダ・カズチカが抗争や激しく戦っていた記憶はない。

新日本プロレスの中の、違う土俵で戦って来たとそんな印象である。
注目されたのはNEW JAPAN CUP 2021 1回戦。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新パレハ「X」鷹木信悟登場。

鷹木信悟とオカダ・カズチカのNEW JAPAN CUP 2021
開幕前に、オカダ・カズチカは、久しぶりにIWGPヘビー級を口にした。
オカダ・カズチカIWGPの奪還ステージがNEW JAPAN CUPであった。
G1クライマックスで、圧倒的な力の差を見せつけた、オカダ・カズチカvs鷹木信悟。

レインメーカーを封印。マネークリップで勝利したオカダ・カズチカ。
オカダ・カズチカの勝利を疑う余地はなかた。

IWGPへ向かうオカダ・カズチカ。そんなストーリーを鷹木信悟は打ち砕く。

NEW JAPAN CUP 2021・1回戦オカダ・カズチカ登場
オカダ・カズチカはまさかの敗戦。

鷹木信悟の存在は大きくなる。オカダ・カズチカに勝利した鷹木信悟は、自らが口にし鷹木信悟待望論。
自己プロデュースも完璧な鷹木信悟。

鷹木信悟は、NEW JAPAN CUP決勝でウィル・オスプレイと対戦。
優勝はウィル・オスプレイとなる。

NEW JAPAN CUP 2021 決勝 鷹木信悟VSウィル・オスプレイ優勝は?

ウィル・オスプレイは、飯伏幸太のIWGP世界ヘビー級へ挑戦。
2代IWGP世界ヘビー級王者となった。

ここで起きたオカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ、鷹木信悟の関係。
東京ドームでオカダ・カズチカに負けているウィル・オスプレイ。
NEW JAPAN CUPでウィル・オスプレイに負けている、鷹木信悟。
NEW JAPAN CUPで鷹木信悟に負けているオカダ・カズチカ。

この力関係でオカダ・カズチカは一歩引いて、ウィル・オスプレイvs鷹木信悟戦が先にIWGP世界ヘビー級戦となる。
オカダ・カズチカは、鷹木信悟が出て来た以上。ウィル・オスプレイと鷹木信悟の勝者と戦うと決めていたと言う。

オカダ・カズチカと鷹木信悟の3度目のシングルは、IWGP世界ヘビー級選手権試合。
鷹木信悟待望論?長らくIWGPヘビー級戦線をけん引して来たオカダ・カズチカ
今の新日本プロレスのワクチンになると言うオカダ・カズチカ。

ドミニオン大坂城ホールが終わった後。
時代は、オカダ・カズチカとなるか。
鷹木信悟の時代に突入するか?

新日本プロレス『DOMINION』大阪城ホール決戦全カード決定 全てが注目となる試合

オカダ・カズチカインタビュー

新日本プロレス 飯伏幸太 ジェフ・コブ決着の先に見るものは?IWGP世界ヘビー級王座?

あわせて読みたい記事