中邑真輔vsキング・コービン

中邑真輔が再びキング・コービンと対戦。
キング・コービンの王冠を奪って自らを、キング・オブ・ストロングスタイルと言う。
試合は、キング・コービンのピンフォール勝ち。

キング・コービンは、王冠を持って退場しようとしたら、リック・ブークスがキング・コービンの足に飛びついた。
それを見た中邑真輔は、ハイキックでキング・コービンをKO
再び王冠は中邑真輔の頭に。

中邑真輔とリック・ブークスは試合後のインタビューで試合には負けたが王冠は戻って来たと吠えて退場する。
さてこの戦いはいつまで続くのか?

新日本プロレスで言えば、KENTAとYOSHI-HASHIの棒のようなものか?
WWE 中邑真輔がリック・ブーグスのフォローで王冠を取り戻す。気になる新日本プロレスとの関係。

あわせて読みたい記事