ダコダ・カイNXT女子王者へ

ダコダ・カイがNXT女子王者ラケル・ゴンザレスを試合の終わりに襲撃。
最高のパートナーから裏切られたラケル・ゴンザレス。

ダコダ・カイは何故共に、NXT女子タッグ王者となったラケル・ゴンザレスを裏切った?
紫雷イオなどとトップを争っていたダコダ・カイ。

ダコダ・カイがラケル・ゴンザレスをサポート。
紫雷イオもダコダ・カイではなく、ラケル・ゴンザレスを指名。

その結果ラケル・ゴンザレスは、紫雷イオを倒してNXT女子王者まで上り詰めた。

2人でNXT女子タッグ王者になるまではうまくいっていたはず。
しかし王座を失ってもラケル・ゴンザレスはNXT女子王座の防衛戦だけを中心に動いた。

ダコダ・カイは、自分のおかげでラケル・ゴンザレスはここまで来たはずだが、今ではラケル・ゴンザレスの相棒と呼ばれる自分に嫌気がさしたようである。

ダコダ・カイはラケル・ゴンザレスのベルトに挑戦する。
所詮相棒と言っても、共闘と裏切りの連続である。

あのアスカとシャーロット・フレアーも決別した。

WWE、女帝アスカ&女王シャーロット・フレアーWWE女子タッグ王者から転落
ベイリーとサーシャ・バンクスも決別。

それぞれの目標が一致し無くなればそれは戦いに変わる。

ラケル・ゴンザレスvsダコダ・カイのNXT女子王座戦はテイクオーバー36が有力。

あわせて読みたい記事