エヴァ・マリーvsドゥードロップ

エヴァ・マリーが復帰で連れて来たバイパー。
エヴァ・マリーは自らの子分扱いで。バイパーにドゥードロップと名前を強引に変更。

ドゥードロップが勝利しても、自らマイクで勝利宣言するエヴァ・マリー。
次第にドゥードロップもストレスがマックスに。

アレクサ・ブリスと対戦したエヴァ・マリー。だがアレクサ・ブリスに敗戦すると。
エヴァ・マリーとドゥードロップの絆?は壊れる。

そもそもドゥードロップがエヴァ・マリーを慕ってる様子はなくいつかこうなると分かっていた。
アスカなどとの対戦を見てもドゥードロップは、巨漢を生かしてプロレスで他を圧巻。

ロウ女子でもトップを取れる可能性も。
そのエヴァ・マリーとドゥードロップの微妙な関係は壊れ遂に対戦へ。

WWE エヴァ・マリーとドゥードロップが アレクシス・ブリスを攻撃だが・・

ドゥードロップ圧勝だが

先に入場していたエヴァ・マリー。
ドゥードロップは、余裕の入場。

観客とタッチを交わす余裕。笑顔で登場。
だがリングで背中を向けるエヴァ・マリーに背後から襲い掛かり。

エヴァ・マリーを痛めつける。戦闘不能になったエヴァ・マリー
レフェリーは試合続行不可能と判断。

ノーコンテストとなる。
ドゥードロップはマイクを持ちドゥードロップと自らの勝利を宣言。
さてエヴァ・マリーとドゥードロップのストーリーは今後も続くのか?

ドゥードロップvsアスカ

ドゥードロップがアスカと対戦した試合。
現在アスカ、紫雷イオ、サレイはリングに登場していない。
WWE日本人女子がドゥードロップと対戦はあるか?

あわせて読みたい記事