WORLD TAG LEAGUE 2021&BEST OF THE SUPER Jr28開催決定。

新日本プロレスがWORLD TAG LEAGUE2021
BEST OF THE SUPER Jr28の同時開催を発表。

2021年11月13日開幕。

昨年度のWORLD TAG LEAGUE覇者はタマ・トンガ&タンガ・ロア
新日本プロレスWORLD TAG LEAGUE 2020優勝決定戦はジュース組VSG.o.D圧倒的な強さを見せた外国勢

新日本プロレスWORLD TAG LEAGUE 2020優勝決定戦はジュース組VSG.o.D圧倒的な強さを見せた外国勢

2年連続外国人に優勝をさらわれている新日本プロレス。
現在IWGPヘビー級タッグ王者はタイチ&ザックセイバーjr

昨年度出場選手にアーロン・ヘナーレが棚橋弘至とタッグを結成していたが、今回はUNITED EMPIRE旋風が巻き起こる可能性も。

無類の強さを見せるデンジャラステッカーズ
WORLD TAG LEAGUEの弱みは、シングルのベルトを持った王者が参加しない。

WRESTLE KINGDOM東京ドーム大会のカードを含めた、対戦カードを見直せばまたWORLD TAG LEAGUEが盛り上がりを見せる可能性も。

新日本プロレス最強のタッグチームが出ることを期待したい。

同時開催は、BEST OF THE SUPER Jr

昨年度同様BEST OF THE SUPER Jrが開催。
昨年度覇者は高橋ヒロム。

エル・デスペラード、SHOなどが飛躍した大会。
BEST OF THE SUPER Jr27
BEST OF THE SUPER Jr28注目は、高橋ヒロムを退けIWGPジュニアヘビー級王座防衛したロビー・イーグルス。

BEST OF THE SUPER Jr27エル・デスペラードVS高橋ヒロム衝撃の結末

BEST OF THE SUPER Jr27エル・デスペラードVS高橋ヒロム衝撃の結末

BEST OF THE SUPER Jr28まで王座防衛を続けるか?
エル・デスペラードが挑戦に名乗りをあげている。

両大会ともG1クライマックス31後にメンバーが発表される見込み。

新日本プロレスG1クライマック31のエントリー選手は?当確、落選 出場選手発表

あわせて読みたい記事