G1クライマックス31棚橋弘至vsSANADA

IWGP USヘビー級王者棚橋弘至が、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンSANADAと対戦
G1クライマックス31現在棚橋弘至は2勝1敗。

SANADAも2勝1敗
昨年は、SANADAに敗戦している棚橋弘至。
SANADAは昨年準優勝、今年こそは優勝を狙うSANADA。

今年の棚橋弘至は、ベルト保持者。
お互い負けれない戦い。

棚橋弘至はSANADAを高く評価するコメントを多く出してきた。
オカダ・カズチカ、ジェフ・コブと全勝を走る2人を追いかけるのは?
どちらがG1クライマックスBブロックを抜け出すか?

棚橋弘至vsSANADA
画像出典元
NJPW
G1クライマックス31

テクニック合戦が期待される。棚橋弘至とSANADA
切り返しが上手い両者。
ヘッドロックで締め上げる棚橋弘至。

SANADAもヘッドロックで締め上げる。
棚橋弘至が、パラダイスロックを仕掛けるも返され。
SANADAがパラダイスロック。

中盤はSANADAが棚橋弘至を攻め込む展開。
リングに上がり際、棚橋弘至はドラゴンスクリューを連発。
低空ドロップキック、更にドラゴンスクリュー。

テキサスクローバーで締め上げる棚橋弘至。

棚橋弘至テキサスクローバー
画像出典元
NJPW
G1クライマックス

かがみ合わせの技の欧州。

ドラゴンスリーパーをお互い切り返す。
棚橋弘至は、SANADAの技をツイスト&シャウトで切り抜ける。
ハイフライアタック。

ハイフライ・フローでとどめを狙うがSANADAは膝で切り返す。
SANADAはラウンディング・ボディ・プレスを狙うも今度は棚橋弘至が膝で迎撃

お互いの膝のダメージが蓄積する。
試合は、終盤。

SANADAはオコナーブリッジだがカウントは2
棚橋弘至もオコナーブリッジからドラゴン・スープレックス
そしてハイフライ・フローでピンフォール勝ち。

棚橋弘至がSANADAから勝利。
お互いのテクニック合戦を見せた。

棚橋弘至が3勝となった。

棚橋弘至G1クライマックス
画像出典元
新日本プロレス
NJPW

今年のG1クライマックス棚橋弘至は違う。
棚橋弘至はSANADAに試合後声をかける。

SANADAも退場時にそのエールに答える。

G1クライマックス31試合結果 棚橋弘至vs後藤洋央紀 棚橋弘至勝利。

あわせて読みたい記事