新日本プロレスで活躍しWWEへ渡った中邑真輔

2020年現在世界最大級エンターテインメントプロレスWWEで活躍する日本人

中邑真輔とアスカもはや日本人WWEでの第一人者となっている。

 

中邑真輔はWWE第三ブランドNXTへ参戦、半年余りでNXT王座獲得

 

わずか1年でSDへ昇格、新日本プロレスで活躍したAJスタイルズとWWE最高峰のWWE王座へ挑戦を繰り返したのち黒のロックスターへ変身

US王者、インターコンチネンタル王者となった。

黒のロックスター中邑真輔

中邑真輔WWEでメジャーベルト初栄冠

中邑真輔は、プロレス不遇時代に新日本プロレスを棚橋弘至と共に支えた立役者である。

総合格闘技に押されるプロレス、プロレスラーが総合格闘技のリングに上がりことごとく敗戦

プロレスの地位は地に落ちた、多くのプロレスファンはプロレスを見るのを辞めていく

 

そんな時代に2002年中邑真輔はデビュー

2003年には総合格闘技団体に殴り込み勝利して見せた。

正に異例の新人であった。

 

中邑真輔が格闘技のリングで勝利し叫んだ「一番すげーのはプロレスなんだよ」

 

この言葉に多くのプロレスファンは、勇気をもらった。

総合格闘技に一区切りをつけプロレスに専念した中邑真輔

 

IWGPヘビー級最年少王座となった。格闘技スタイルの中邑真輔が、現在の中邑真輔のスタイルに変化した

突如クネクネを始める。2013年プロレス大賞技能賞でのコメント

新日本プロレスの中邑真輔(32)だ。2003年新人賞以来の受賞となった今の胸中、さらには“クネクネ”と評されるファイトスタイルの神髄に迫った。  ――どんな年だった  中邑:自分のレスリングをスタンス崩さずやっていくうちに、ひょんなことから(7月に)インターコンチネンタルのベルトを手に入れて。ある種自由に振る舞うことができたというのはある。何もやっていないっていったら何もやってないかな。

自ら新日本内ユニットCHAOSを牽引、多くの名勝負を残し

オカダ・カズチカを育て、2016年WWEへ移籍を決めた中邑真輔

 

中邑真輔新日本プロレス退団

中邑真輔の作ったCHAOSからバトンを引き継いだオカダ・カズチカ

日本でデビューも一度引退したアスカ



WWEで女帝と呼ばれるアスカ

全日本女子プロレス崩壊した日本プロレス界

 

女子プロレス老舗団体の崩壊であった、多くのスーパースターを排出した全日本女子プロレスであった

が分裂、その分裂した団体アルシオンにアスカ入門した。

 

そのアルシオンも、メジャー女子プロレスAtoZに吸収されわずか1か月で

メジャー女子プロレスAtoZ所属となる。

華名の名前で活躍した、メジャー女子プロレスAtoZ時代だが

 

2006年慢性腎炎のため引退した華名

引退後はライターなどの仕事をしていた。

 

しかし2007年1年後にリングにフリーとして復帰する

2009年にはオフィス華名を設立

華名のマニフェストのDVDを発売話題を集める。

 

紫雷姉妹とトリプルティズを結成

藤原義明とも対戦

紫雷美央vs紫雷イオVS華名トリプルテイルズから女子プロレスが面白い

現在NXTで活躍中の紫雷イオともユニットを結成していたアスカ

2015年プロレス活動を無期限休止と発表したがその2か月後にはWWEとの契約を発表した。

 

この時点でアスカがWWEで大成功するとは誰も予想できていないが

アスカの自己プロデュースは群を抜いていた。

 

10月にはWWE第三ブランドNXTでデビューアスカロックで勝利を収めると

そこから怒涛の連勝が始まる。

解説者よりNXT史上最も大物の選手と契約したと紹介される。

無敗のままNXTを卒業NXT王者のままベルトを返上SD(スマックダウン)に昇格

 

王者シャーロット・フレアとの対戦が決まるアスカ伸ばした連勝は267であった。

アスカは女帝と呼ばれるまでになった。



女帝アスカ敗北連勝止まる。

 

SDに昇格したアスカ待ち受ける相手は、女王様シャーロット・フレア

あのリック・フレアーの遺伝子をもつシャーロット・フレアであった。

 

アスカはシャーロット・フレアから洗礼を受ける事になった。

WWE女子アスカの連勝記録がストップ

サブミッションを繰り出し267まで伸ばした女帝アスカ

SD女子王者シャーロット・フレアに敗北

 

日本のユニバースの期待を一身に受けながらも、あと一歩のところで敗北を喫した。同時にこの2年半で築いた「267」という連勝記録もストップし、ひとつの区切りを終えた。決着直後には、勝者となったシャーロットに英語でおめでとうと告げ、健闘を称えあったアスカ

ASUKA
画像出典元レッスルマニア34

敗戦したアスカであったがここからアスカの快進撃がまた始まる。

 

レッスルマニアで注目を集めた

中邑真輔とアスカ

 

独特の感性を持つ2人

日本とアメリカでは、レスリングの見方も変わる

今までの日本人レスラーは、海外で試合をすると

 

アメリカ向けのレスリングにかわる

日本で、見ているようなファイトスタイルではなく

ワクワク感が多少薄れるものだ

 

中邑真輔とアスカの凄いところは

キャラ変をしてないところにある

 

WWEのエンターテインメントプロレスに融合しなおかつ

ファイトスタイルは日本、中邑真輔に関してはリングネームですら変わっていない。

 

リングパフォーマンス、技など日本で見ていた中邑真輔が

WWEに上がっているので感情移入しやすい

必殺技ボマイェの名称がキンシャサに変わった

 

アスカのいでたちは、変わったが

雰囲気、発言、発信力は日本と変わらない

 

男子レスラーとも数多く戦ってきたアスカは

WWE女子にも全く引けを取らない

 

日本人女子レスラーのレベルは高くないと言い切るアスカ

アメリカで成功するには、こちらのやり方を覚えるしかないという

 

ファンは日本人レスラーがアメリカで日本のプロレスをやり

戦ってる姿に感情移入できる

中邑真輔とアスカ

アメリカの日本人レスラー

2人ずば抜けていると感じる。

 

ASUKA
画像出典元WWE エクスペリエンス

 




女帝アスカ再始動は敗北から

試合結果

リック・フレアーの娘との女子トップ対決を迎えた。アスカはシャーロットのムーンサルトをキャッチして三角絞めにとらえたかと思えば、断崖式ブレーンバスターで場外へ投げ飛ばすなど猛攻を見せる。 ところがアスカロックを極めることができず、シャーロットのスピアーを浴びると一気に形勢逆転を許してしまう。最後はブリッジ式のフィギュア・エイト(足4の字固め)にギブアップ。WWEキャリアで初黒星を喫してしまった。

 

しかし、中邑真輔・アスカとも実力を見せ

次なる展開に挑む!







世界を相手に戦う中邑真輔&アスカ

 

日本人レスラーの中邑真輔がAJスタイルズに敗れて

モデルチェンジを行った。

 

ヒール転向か?

王者と「イエス!男」の豪華な対戦に場内は熱狂。ブライアンが腕十字を狙えば、AJはカーフ・クラッシャーで返す。一進一退の攻防は新たな名勝負誕生を予感させたが、中邑が全てをブチ壊した。 不気味な笑みを浮かべて乱入すると、まずキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)でブライアンを排除。続いてAJに襲いかかり、またもや急所攻撃で悶絶させた。さらにはキンシャサ弾に入ると見せかけて、再度の急所攻撃。会場が大ブーイングに包まれる中、狂気に満ちた悪魔のような表情を見せ、たぎりにたぎってリングを後にした。 今後、ロックスターは自分の意思のままヒール(悪役)としての道を進むということなのか。同時にブライアン、AJとのトライアングル抗争突入も十分にあり得る状況だ。

中邑真輔
画像出典元 東スポ

世界最大級エンターテインメントプロレスWWE

WWEはエンターテインメントプロレスである

ストーリー性作り遺恨など

戦う意味を、ファンに焼き付ける

 

ステージも華やかでそこに立つものは、意味のある戦いになっている

 

試合に負けた中邑真輔は、すぐさまドラマを作って見せた

 

試合後に清く負けを認めることなく

AJスタイルズに急所攻撃をためらうことなくやった。

 

クリーンなファイトから、一気に狂気に満ちた

中邑真輔にシフトチエンジして

ドラマの続きを作って見せた。

 

新日本プロレス棚橋は、ファンの心をつかんでいる中邑真輔に脅威を感じた。

とまで言わせた。

 



 

カブキ・ウォリアーズアスカ&カイリ・セイン

WWE女子タッグ王者カブキ・ウォリアーズとんでもない相手から王座防衛に成功

カイリ・セイン結婚

カイリ・セイン結婚

WWEカブキ・ウォリアーズカイリ・セインが結婚

WWE女帝アスカグランドスラム達成

WWE女帝アスカが、SD女子王者に続きRAW女子王者も獲得

日本人として初めての快挙

 

WWE女帝アスカグランドスラム達成

WWE女アスカ、グランドスラム達成SD女子王座に続き、RAW(ロウ)女子王座獲得の快挙

あわせて読みたい記事