プロレス・リングノア2冠王者誕生か?

マサ北宮に敗戦、丸坊主になった中嶋勝彦。
それは遠い昔に感じてしまう戦い。

だがその後の勢いは、N-1 victoryを連覇。

方舟の天才丸藤正道からノア至宝GHCヘビー級王座を奪い
プロレス・リングノアの頂点へ。

拳王も望月成晃からナショナル王座を奪い金剛がヘビー級シングルのベルトを独占した。
拳王は、1月1日日本武道館大会で中嶋勝彦とタイトルマッチをかけて戦う事を提案。

GHCヘビー級とナショナル王座の2冠戦を要望
中嶋勝彦も時代を動かすのは俺と拳王と文句ないやろうぜと応じた。

これで中嶋勝彦vs拳王の2冠戦が決定した。

新日本プロレスで起きた2冠戦。
プロレス・リングノアでも最強を決める戦いが始まる。

武藤敬司、杉浦貴、桜庭和志などベテラン勢がベルトを独占した時期も
拳王はそのことについて大きく不満を爆発。

武藤敬司&丸藤正道は再び王座を獲得。
時代はなかなか動かないプロレス・リングノア。

中嶋勝彦と拳王が同門対決でプロレス・リングノアの頂上を決める戦いが始まる。

プロレスリング・ノア 敗者髪切り金網デスマッチ中嶋勝彦vsマサ北宮 勝者は?

あわせて読みたい記事