混乱のIWGP世界ヘビー級王座

新日本プロレスで巻き起こる3つのベルト問題。

飯伏幸太の最強のベルト、最高のベルト統一から始まったIWGP世界ヘビー級王座。
この結末は、2022年東京ドーム大会で決着。

飯伏幸太を破ってIWGP世界ヘビー級王者となった。ウィル・オスプレイ
鷹木信悟から防衛して、怪我欠場ベルト返上となった。

オカダ・カズチカとの王座決定戦で勝利した鷹木信悟がIWGP世界ヘビー級王者となったわけだが
ウィル・オスプレイは、俺は負けていないと鷹木信悟を暫定王者と呼ぶ。

ウィル・オスプレイは、自らが作ったIWGP世界ヘビー級のベルトを持ち出した。

オカダ・カズチカは、ベルトから遠のいて大きな時間を費やしていた。
その間IWGPヘビー級王座は消滅、IWGP世界ヘビー級王座と変わった。

G1クライマックスを優勝すると、オカダ・カズチカは今までたまっていたうっぷんを晴らすように。
理不尽?な発言

G1クライマックス王者は、チャレンジャー?
IWGP世界ヘビー級への挑戦?IWGPヘビー級でもないのに、お前が挑戦して来いと、鷹木信悟に言い放つ。
更には、オカダ・カズチカは4代目IWGPヘビー級のベルトを持ち出した。

飯伏幸太を待つ証として、新日本プロレスに要求したG1クライマックス覇者の証。
更には、1.5ウィル・オスプレイとの対戦を受託したのは、鷹木信悟でなく。
オカダ・カズチカ。

新日本プロレス頂点の鷹木信悟は、置いてけぼりで事は進む。
注目は、オカダ・カズチカとウィル・オスプレイ。

だが鷹木信悟も黙ってはなかった。

3つのベルトに終止符打つのは鷹木信悟。
鷹木信悟が、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイを倒せばあっさりと終結。
だがオカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイが1.5の勝者になった場合

このベルト問題はどうなる。

果たして3つのベルトの結末は?決戦はWRESTLE KINGDOM16 東京ドーム大会

東京ドーム大会ウィル・オスプレイ出場決定 対戦相手は?

あわせて読みたい記事