IWGP USヘビー級王者棚橋弘至

棚橋弘至が、KENTAと対戦試合形式は、ノーDQマッチ
反則何でもありの試合形式。

反則は受けても反則はしないエース棚橋弘至。
試合冒頭から竹刀で殴り合い。

KENTAはリング下からの次々と凶器を投げ込む。
棚橋弘至も、リング下から、ギターを持ち出しKENTAを殴打する

棚橋弘至ノーDQマッチ
画像出典元
新日本プロレス
NJPW

試合はプロレスとは程遠い殴り合い。
KENTAが提案した、ノーDQマッチでIWGP USヘビー級王座奪還の為に受けた試合。

試合は、IWGP USヘビー級選手権試合だがノーDQマッチでまさにタイトル戦と言うより
異常展開。

KENTAがトップロープからテーブルにファルコンアローでたたきつけた。

KENTAファルコンアロー
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

試合終盤、KENTAがリング下から持ち出した巨大なラダーに上り
フットスタンプを狙う。

だが棚橋弘至は、そのKENTAをラダーから突き落とした。
KENTAは、落下で流血してしまう。

そのラダーに登って棚橋弘至は、大きく叫ぶ
この高さから棚橋弘至が、ハイフライフロー

棚橋弘至ノーDQマッチ
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

そしてピンフォール。
IWGP USヘビー級王座は棚橋弘至の腰に戻ってきた。
試合に勝った棚橋弘至だがその顔は虚無感。

嬉しさも、悲しさもなくリングを後にした。
KENTAが引き込んだノーDQマッチ。

新日本プロレスエース棚橋弘至に、反則ありの試合に引っ込んだそれだけでもKENTAの勝利かもしれない。
IWGP USヘビー級王者となった棚橋弘至。

内藤哲也はジェフ・コブに勝利、SANADAは、グレート-O-カーンに勝利
オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイに勝利した。

プロレスがやりたいそんな言葉を使った棚橋弘至。
内藤哲也は、次期IWGP世界ヘビー級王座挑戦が決まった。
WRESTLE KINGDOM 16 UNITED EMPIRE全敗 ウィル・オスプレイの次なる行動は?

内藤哲也 WRESTLE KINGDOM 16ジェフ・コブ戦2022年の明暗が決まる?

あわせて読みたい記事