プロレスリング・ノア武藤敬司欠場

プロレスリング・ノアの武藤敬司
伝説的なレスラーであるが、いまだ現役。それも最前線王者として君臨している。
日本のプロレスの歴史をみても稀にみるプロレスラー武藤敬司。

天才の名を欲しいままにしてきた武藤敬司。
膝の手術などで、代名詞のラウンディング・ボディプレスは封印?

だがいまだここ一番で使う武藤敬司。
1月には古巣新日本プロレスに登場。オカダ・カズチカ&棚橋弘至と対戦した武藤敬司。

WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム大会結果はどうなる?

グランドスラム天才 武藤敬司の次期挑戦者は清宮海斗.

新日本プロレスWRESTLE KINGDOMでは、オカダ・カズチカ、棚橋弘至に勝るとも劣らないオーロラを出した武藤敬司。
その武藤敬司が長期欠場となる。
左股関節唇損傷、元旦から調子が悪くなったと言う武藤敬司

現在は、動かなくなったと言う。
2022年12月還暦を迎える武藤敬司の復帰はあるのか?

現在タッグパートナーの丸藤正道は、武藤敬司の復帰を待つと言う。

プロレスリングマスター天才武藤敬司生涯現役

新日本プロレスで闘魂三銃士、伝説となった高田延彦とのUWFインターとの対抗戦。
全日本プロレスへの移籍。WRESTLE-1設立多くの選手を排出した。
武藤塾では、現在ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADAとBUSHIも在籍していた。

その天才武藤敬司が、最後に選んだのはライバルと言われた三沢光晴が作った団体。
プロレスリング・ノアであった。

GHCヘビー級のベルトも獲得。
新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアで頂点に立った武藤敬司。
生涯現役と言う武藤敬司の復帰は?回復具合では引退の可能性も。

プロレスリング・ノア聖地武道館で起きた衝撃は、武藤敬司のグランドスラム