NEVER無差別王者EVIL

NEVER無差別王者“キング・オブ・ダークネス”EVIL。
石井智弘から強引に王座を奪った。

現在EVILは、NEVER無差別シングル、NEVER無差別6人タッグの2冠王者である。
EVILがNEVER無差別王座防衛 次なる狙いは3冠王者

EVILがNEVER無差別王座防衛 次なる狙いは3冠王者

元ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの盟友であった高橋ヒロムとEVIL。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切ったEVILに最初に向かっていったのは高橋ヒロムであった。

キング・オブ・ダークネスEVIL IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となる。

だがEVILとディック東郷の壁は壊せずEVIL撃破とは行かなかった。

一時は頂点を掴んだEVILだが内藤哲也にベルトを取り戻された。
接点のなかったEVILと高橋ヒロムだが。

高橋ヒロムがEVILから勝利

2022年新日本プロレスは、NEW JAPAN CUPにジュニアヘビー級を加えたトーナメントを開催。
高橋ヒロムはジュニアヘビー級で唯一トーナメントを勝ち上がっていく。

ヘビー級を次々と倒していく高橋ヒロム。
勝ちあっがって行くとそこには“キング・オブ・ダークネス”EVILがいた。

特別なストリートがあったわけではなく共にNEW JAPAN CUP優勝を目指していた。
ヘビー級であるEVILは負ける訳には行かなかった。

いつも通りディック東郷が試合に介入する。
だが高橋ヒロムはデック東郷とEVILを誤爆。

なんとEVILの技でEVILからピンフォールを奪って見せた。

高橋ヒロムがEVILを撃破 NEW JAPAN CUP 2022 掟破りのEVIL弾で勝利!

高橋ヒロムがEVILを撃破 NEW JAPAN CUP 2022 掟破りのEVIL弾で勝利!

それで終戦のはずであったEVILと高橋ヒロム。
だが高橋ヒロムが鷹木信悟に敗戦した高橋ヒロムをEVILが襲撃。

BULLET CLUBEVILとして、高橋ヒロムに負けたままではいられない。
高橋ヒロムにとっては興味がなかったNEVER無差別のタイトルマッチが降って湧いてきた。

高橋ヒロムはNEW JAPAN CUP優勝したら、IWGPジュニアヘビー級王座へ挑戦するというくらいジュニアヘビー級にプライドを持っている。

だがNEVER初代王者を決める大会デビューしたのも事実である高橋ヒロム。

だが前哨戦をEVILと戦う度にNEVER無差別王座へ興味を示してきたように思える高橋ヒロム。

高橋ヒロムはNEVER無差別王者になったら、ヘビー級以外の挑戦は断ると言う。
IWGPジュニアヘビー級と2冠を目指す?
だが前哨戦では高橋ヒロムの圧勝だが、EVILとディック東郷が何を仕掛けてくるのか?

新日本プロレスがワシントンDCに上陸Capital Collision オカダ・カズチカ 棚橋弘至出場!