BULLET CLUB新日本プロレス制圧

バレット・クラブリーダーが現在ジェイ・ホワイト。
バレット・クラブは、新しい時代へ突入。

その勢力は拡大した。
レスリングどんたく バットエンド バレット・クラブが制圧 ジェイ・ホワイト登場。

レスリングどんたく バットエンド バレット・クラブが制圧 ジェイ・ホワイト登場。

レスリングどんたくではバレット・クラブがリングを制圧した。

元バレット・クラブリーダ AJスタイルズとフィン・ベイラー

バレット・クラブ結成時リーダとなったのは、プリンスデビット現在WWEのフィン・ベイラーである。

プリンス・デビットはジュニアヘビー級ながらリーダとなり。
バレット・クラブ初期を創成した。

フィン・ベイラーは現在も続くバレット・クラブをどうみているのか?

プリンス・デビット
画像出典元
新日本プロレス
NJPW

ヒールターンしたプリンス・デビット
カール・アンダーソンとタマ・トンガと結束。
デビット、カール・アンダーソン、タマ・トンガ、バットラック・ファレとバレット・クラブを命名した。

初期メンバーのタマ・トンガが現在はジェイ・ホワイトに追放されたのも時代が変わった証拠である。
時代が変わったのは、オカダ・カズチカが新日本プロレスへ凱旋。

当然バレット・クラブのデビットとも戦う。
だがAJスタイルズが急遽新日本プロレスへ参戦。

オカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級に挑戦。
ここでデビットは、新日本プロレスを退団

AJスタイルズがバレット・クラブリーダーとなった。
そのAJスタイルズも現在WWEで活躍。

交わるはずのない、AJスタイルズとフィン・ベイラーがWWEで共闘
TwoSweetを観せた。

WWEでAJスタイルズとフィン・ベイラーの共闘は、ジェイ・ホワイトも反応している。

2017年には対戦しているAJスタイルズとフィン・ベイラー。

今後WWEでAJスタイルズとフィン・ベイラーが共闘するかは不明だが、日本のファンにもこの光景は痺れる。

WWE中邑真輔 ライバルAJスタイルズとの戦い。