AEW 暫定世界王座戦 進出者決定戦

AEW世界王者CMパンクとの対戦が決まっていた棚橋弘至。

だがCMパンクが、負傷のため禁断の扉を欠場。
王座返上はしないが、AEWでは暫定王者を決める戦い。

そこでAEWは、バトルロイヤルで勝者を決め、ジョン・モクスリーと対戦させ
その勝者を新日本プロレス代表と対戦。
勝者をAEW暫定世界王者とすると発表。

棚橋弘至vs後藤洋央紀で代表決定戦

新日本プロレスでは棚橋弘至が、CMパンクと戦う事が決まっていた。

棚橋弘至AEWへ登場 CMパンクの王座挑戦が決定Fobidden Door(禁断の扉)

棚橋弘至AEWへ登場 CMパンクの王座挑戦が決定Fobidden Door(禁断の扉)

ここで新日本プロレスは、棚橋弘至と後藤洋央紀でAEW暫定王者決定戦の代表を決める。
勝者は日米の代表同士が6.26『Forbidden Door』で激突

決戦は大阪城ホールドミニオン。大阪城ホール大会で対戦

第6試合  60分1本勝負 AEW暫定世界王座戦 進出者決定戦
棚橋弘至 vs 後藤洋央紀

新日本プロレスDOMINION 6.12 大阪城ホール対戦カード決定