紫雷イオWWE挑戦

紫雷イオのスターダム✪stardom退団が決定的。
WWE挑戦か?

本人の口からWWE挑戦を表明し決定的となった。
海外挑戦に難色を示してきた雷イオだが
挑戦を決断させたのは?

現在WWEでスーパースターとなったアスカの影響があるという。
日本女子プロレスでWWEで成功したアスカ。
日本では人気・実力も盤石の紫雷イオ。

だがWWEの憧れは、強くも遠い場所であった。
宝城カイリが移籍した1年前。紫雷イオは決断できずにいた。

しかし、WWEで躍進ずるアスカ、カイリ・セイン(カイリ)
紫雷姉妹としてデビューした、紫雷イオ
姉、紫雷美央と数多くの団体を渡り歩いていた。
転機が訪れた、華名(アスカ)との出会い、トリプルテイルズを結成
WWEで活躍した、TAJIRIに噛みついた。

紫雷姉妹 華名
画像出典元 SMASH

SMASHでTAJIRIとの抗争を勃発させた、華名
その抗争に紫雷姉妹を強引に参加させた。

KANAプロデュース興行にも、紫雷姉妹と組んで女子プロレス界に旋風を巻き起こした。

TAJIRIVS華名
画像出典元 SMASH

そのトリプルテイルズも長くは続かず紫雷イオだけ、脱退に至る。スターダム✪stardom入団した。
華名の行動力はすさまじく、紫雷イオが数多くの影響を受けたのは間違いない。
「トリプルテイルズ.S」として紫雷美央と継続。

華名、紫雷美央と決別により、トリプルテイルズは解散となる。
このトリプルテイルズでユニットを作った3人
華名・紫雷姉妹は仲良しこよしではなく、それぞれが壮絶な試合を行っている。
紫雷姉妹リアル姉妹喧嘩
紫雷イオは、姉妹美央とリアル姉妹喧嘩で女子プロレスに話題を提供した。
華名vs紫雷美央

華名VS紫雷美央
画像出典元 カナプロ

紫雷美央VS紫雷イオ


リアル姉妹喧嘩で成功した紫雷姉妹
姉妹喧嘩は次第にエスカレートしていく。

華名WWEでアスカに改名

華名は、紫雷イオと決別後も自主興行
や数多くの選手と対戦した。
日本での世界女子王座獲得もあり、また紫雷イオとの合体もあるのでは
と予測されたが、2015年WWEと契約しアスカに改名となる

WWEに戦場を移すと破竹の連勝街道をひた走る事になる
日本の試合でも、関節技を使う事の多かった華名。WWEに渡っても、得意のヒップアタック、関節技で勝負する華名。

アンクルホールド・腕十字、アームロックなど
フィニッシュホールド・アスカロックを決めて日本人初のNXT女子王座を獲得。

アスカロックとは、初代ダイガーマスクが得意にしていた
チキンウイング・フェイスロックの同締めタイプである。

アスカロック
画像出典元 WWE

アスカの決め技アスカロック(チキンウイングフェイスロック)

今では、見る事の少なくなったチキンウイングフェイスロック。
ボブ・バックランドやUWF全盛期の決め技として注目を浴びた。

これを改良したのが、藤波辰爾のドラゴン・スリーパー。
新日本プロレスのSANADAがスカルエンドとしてさらに進化させた。

決まれば脱出不可能な技だが、決めるのが難しい技である
新日本プロレス時の藤波辰巳が、改良版のドラゴン・スリーパーを開発している
風貌は変化したアスカだが、技は関節技などが多く派手さより強さが際立つWWEの活躍である。

一方紫雷姉妹の姉、紫雷美央は鈴木みのるとの引退試合を行い選手は引退している。

トリプルテイルズ紫雷姉妹VS華名

紫雷イオは、日本で快進撃を続け、人気・実力とも女子プロレス界NO1になった。
棚橋弘至からも、逸材の女子プロレス版「逸女」を命名された。
それ以来、天空の逸女を名乗る。
ベルトの防衛記録、女子プロレスのMVPなど話題を独占する

紫雷イオ、しかしWWEの思いは強かった。
決意させたWWEの移籍は、アスカの活躍に影響を受けたと言う

ここ数年で『日本の女子プロレスでトップクラス』『世界クラス』と言っていただき、誇らしい気持ちでいっぱいなんですが、それをたくさんの人に見てもらえる場所に行き、別の道で証明したいと思いました」と語った。「別の道」については明言を避けたが、WWEしかないだろう。実は初めて米国への憧れが芽生えたのはデビュー2年目の18歳の時。当時は目標もなく、すぐにでもプロレスを辞めようと思っていた時期だ。たまたま映像で見た元WWEのスーパースター、レイ・ミステリオJr.の雄姿に心を奪われ「ミステリオみたいになりたい。WWEっていいな」と意識した。その一方で世界最高峰の舞台は「遠い場所」でもあった。 考えを一変させてくれたのは2015年10月にWWE・NXTでデビューし、現在はロウで活躍するアスカ(36=華名)だ。「真横にいた人があれだけの舞台に立てるのは、自分にもチャンスがあるんだなって教えてくれた。今は遠い世界じゃなくなった」。同じユニットで一緒に活動したことがある“姉”のような存在が道筋を作ってくれたのだ。

華名に影響を受けた、紫雷イオ

真横で戦っていた、華名事アスカが破竹の活躍を見せる中決断に至った
決定的となった、紫雷イオの移籍
WWEの紫雷イオの誕生が近づいてきた。
紫雷イオWWE登場

スターダム✪stardomのスーパースター紫雷イオが、WWEへの移籍を決断した背景
WWEでスーパースターとなったアスカそしてカイリ・セインの活躍があるのは否めない事実。

WWE アスカ、紫雷イオ9年振りの合体、WWEでNEWトリプルテイルズ結成の可能性は

あわせて読みたい記事