棚橋弘至権利証防衛

新日本プロレスの両国国技館大会九州三国志 presents KING OF PRO-WRESTLING

ケニー・オメガVS飯伏幸太VSCodyの3WAYでのタイトルマッチ

オカダ・カズチカのCHAOSの動向

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新パレハ

KUSHIDAのIWGPジュニアヘビー級返り咲きなど

 

話題の多い大会だが、棚橋弘至とジェイ・ホワイトとの権利証をかけた一戦も行われた。

ジェイ・ホワイトが外道と結託オカダ・カズチカとを急襲した事件

外道オカダ・カズチカを裏切る

 

試合は予想通り外道の介入で、棚橋弘至が苦戦を強いられる事となる。

外道にとっても負けられない1戦

手段を選ばず勝ちに行く。

外道は右手に何かを持ってリングに上がると、そのまま棚橋に殴りかかる。だが、かわした棚橋は張り手一閃。すると、背後からジェイが棚橋にローブロー。棚橋がもんどり打ってダウンすると、場内は「ゴー! エース!!」発生。ジェイはイスを手にし、棚橋に殴りかかる。しかし、棚橋はお返しのローブロー。
そして棚橋はマットにイスを設置し、その上にジェイをボディスラム。さらにハイフライフローを放つが、間一髪でジェイがかわし、棚橋はイスの上に自爆。その痛みでのたうち回る。
ジェイはイスを手に取り、棚橋の顔面に投げつける。ここで外道がレフェリーをリングに上げてアシスト。すかさずジェイはブレードランナーを狙うが、棚橋は切り返して電光石火の首固め。これで3カウントが入り、棚橋が権利証を死守した。

Sponsored Link
 




試合後棚橋を襲うジェイ・ホワイトそこで登場したのがオカダ・カズチカ

棚橋のピンチをオカダが救出

ジェイ・ホワイトと外道を蹴散らすも

ここでレインメーカーTシャツを着た邪道が止めに入る。オカダは落ち着きを取り戻し、一旦冷静に。 すると、花道にBULLET CLUB OGが登場。そしてリングに上がり、オカダを指さす。だが、次の瞬間、ファレが外道、石森が邪道を捕獲。そしてオカダに攻撃を促す。オカダは一瞬の戸惑いののち、ロープに走って外道に突進するが、なんとタマがカウンターのガンスタンを炸裂。ワナにはまったオカダを見て、邪道と石森は拍手をして喜ぶ。そしてOGと外道&邪道はオカダにストンピング。ここでジェイが笑みを浮かべながらリングイン。 ジェイはオカダの右手を取り、首切りポーズからブレードランナーを炸裂。続いてジェイ、外道、邪道はOGと結託のポーズ。ジェイはオカダを踏みつけて、場内に中指を突き立ててから、ふてぶてしく退場。

棚橋弘至&オカダ・カズチカ
画像出典元 新日本プロレス
新日本プロレス

オカダ・カズチカに言葉を投げかける棚橋弘至、今後棚橋弘至とオカダ・カズチカの共闘はあるのか?

 

Sponsored Link



ジェイ・ホワイトと外道CHAOS離脱で幕

オカダ・カズチカは俺がCHAOS追放か?外道達がCHAOS離脱か?と困惑していた。

しかし、実情は邪道&外道とジェイ・ホワイトの離脱

バレットクラブOGとの結託となった。

 

CHAOSVSバレットクラブOGの遺恨発生で石井智弘とYOSHI-HASHIはどう動くのか?

邪道とジェイ・ホワイト
画像出典元新日本プロレス

時代を引き戻した棚橋弘至

IWGPヘビー級王座を失ってから起こる様々な出来事のオカダ・カズチカ

IWGPヘビー級王座を失ったオカダ・カズチカの悲劇

巻き起こるユニットの戦い

 

生き残りをかけた戦いが新日本プロレスで巻き起こる。

誰が誰と共闘するのか?戦いが起こるのか?予断を許さない

新日本プロレスで再編成が起きている。

関連

あわせて読みたい記事