世界から見たオカダ・カズチカ

2018年オカダ・カズチカは外道とジェイ・ホワイトから狙われる立場となる。

オカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト
画像出典元 NJPW

外道とジェイ・ホワイトの裏切りから始まった。
CHAOSとBULLET CLUBの抗争。
外道とジェイ・ホワイトは、棚橋弘至vsオカダ・カズチカの試合の後。
オカダ・カズチカを急襲しCHAOSからBULLET CLUBへ移籍した。
ジェイ・ホワイトは外道と共に天下を狙う。

外道がオカダ・カズチカを裏切った理由は?外道が選んだジェイ・ホワイトの強さ。

ジェイ「目をそらさずにしっかり見ておくんだな。俺たちには成功が待っている。ゲドーサンと成功をつかみ取るのさ。力づくで止めてみろ。俺を、ゲドーさんを、ほかのメンバーを。BULLET CLUBを壊滅させてみろ。俺たちがBULLET CLUBだ。オリジナルがどうとかじゃない。俺たちこそがBULLET CLUBなんだ。オカダ、お前はすぐ後ろに迫ってきてるものに怯えてたらいい……」

ジェイ・ホワイトにとって、オカダ・カズチカは、注目を浴びる格好の獲物という事になる。
それだけ、オカダ・カズチカが、新日本プロレスや世界から見みても1流のレスラーとなった証ではある。

オカダ・カズチカも、ここでストップしてる分けにはいかない。
2017年オカダ・カズチカは、IWGPヘビー級の王者として新日本プロレスを牽引していた。
IWGPヘビー級のベルトの連続防衛を果たしていたオカダ・カズチカ。

もはや、敵なしとなったオカダ・カズチカ。
そこにケニー・オメガ登場・
オカダ・カズチカvsケニー・オメガの試合は、世界からも注目を集めた。

WWEでAJスタイルズや中邑真輔と戦いたくないか?とまでインタビューを受けていたオカダ・カズチカ。
WWEはオカダ・カズチカの可能性にオカダ・カズチカWWE入りを熱望していたとも言われる。

世界が認めるオカダ・カズチカ。
オカダ・カズチカWWE入りか?そんな噂も流れる。
新日本プロレスオカダ・カズチカは、WWEへ行ってしまうのか?

それもそのはずで
2017年オカダ・カズチカは、アメリカのプロレス雑誌。
プロレスリング・イラストレーテッド
PWI500としてその年に活躍したレスラー500人を選出している。

堂々の日本人として初めて1位を獲得している。
2021年現在までのオカダ・カズチカの評価は高い。
2017年がオカダ・カズチカが凱旋帰国してから、最強王者となった年でもある。
2018年は3位のオカダ・カズチカ。
2019年は5位。2020年6位と相変わらず評価は高いオカダ・カズチカ。

プロレスリング・イラストレーテッドオカダ・カズチカは1位
画像出典元 Pro Wrestling Illustrated (PWI) 500 for 2017

オカダ・カズチカは、新日本プロレスこそ最強であると自負。
東京ドーム大会を世界的な大会にすると誓った。
日本人ライバル不在のオカダ・カズチカ。ケニー・オメガをライバルに指名。
アスリート系のプロレスをするケニー・オメガを粉砕。その試合レベルは世界の度肝を抜いた。

その結果オカダ・カズチカは、日本人として三沢光晴や小橋建太、川田利明、グレート・ムタなども達成できなかった。
日本人で初めて1位を獲得した。

オカダ・カズチカ無冠となるも評価は変わらず。

無冠となったオカダ・カズチカだが、世界から評価は変わらず。

IWGPヘビー級のベルトを失ったオカダ・カズチカ。
新日本プロレスの小さな抗争に巻き込まれた。

東京ドームの主役を、棚橋弘至とケニー・オメガに奪われた。
絶大な人気を誇る内藤哲也も、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの新パレハ加入で話題を出すが、IWGPヘビー級のベルトの挑戦までには至っていない。

オカダ・カズチカは世界が誇るレスラーであり、プロレス界の宝でもある。
CHAOSとBULLET CLUBの抗争に蹴りをつけ、IWGPヘビー級戦線復活を期待。

世界戦略が始まる新日本プロレスでのオカダ・カズチカの力と知名度は抜群である。

新日本プロレスとWWEが業務提携のうわさが流れる。提携はあるのか?

無冠となったオカダ・カズチカ

あわせて読みたい記事