歴史は動いた棚橋弘至&オカダ・カズチカ合体

WORLD TAG LEAGUE 2018の後楽園ホールで、棚橋弘至とオカダ・カズチカがタッグを組む

オカダ・カズチカが凱旋し棚橋弘至と敵対関係でIWGPヘビー級のベルトを巡り

死闘を繰り返してきた、棚橋弘至とオカダ・カズチカがついに合体

 

本隊&CHAOSでバレットクラブの制裁に入る。

Sponsored Link




棚橋弘至とオカダ・カズチカがIWGPヘビー王座挑戦の権利書をかけた戦いの後

乱入してきた、同門のジェイ・ホワイト

 

棚橋弘至とオカダ・カズチカと次々にブレードランナーを決めた。

オカダ・カズチカは同門の裏切り、外道の裏切りに合い茫然

棚橋弘至はオカダ・カズチカに勝利した余韻をファンと味わえず怒り心頭

棚橋弘至、オカダ・カズチカに勝つまで何年かかった?

 

棚橋弘至が権利書防衛戦でジェイ・ホワイトと対戦

外道を使って有利に試合を進めるジェイ・ホワイトだが、棚橋弘至プロレスに敗戦

試合後、暴挙を続けるジェイ・ホワイト

 

棚橋弘至の救出に現れたのは、オカダ・カズチカ

その後、オカダ・カズチカは、外道とジェイ・ホワイトの制裁を決意するが

ジェイ・ホワイトは、オカダ・カズチカはに暴挙を繰り返す

 

そこに、救出に現れた、棚橋弘至

棚橋弘至&オカダ・カズチカ
画像出典元 新日本プロレス
オカダ・カズチカを救出する棚橋弘至

 

オカダ・カズチカは棚橋弘至の救出より、ジェイ・ホワイトと外道の制裁が優先と発言

棚橋弘至とオカダ・カズチカの真意はわからないが、棚橋弘至とオカダ・カズチカの合体の布石でもあった。

 

Sponsored Link



歴史は動いた棚橋弘至&オカダ・カズチカ連携

オカダ・カズチカがジェイ・ホワイトと外道と連戦

バレットクラブが乱入し、オカダ・カズチカを痛めつけると

棚橋弘至が登場、オカダ・カズチカを救出

 

なんと連携で、バレットクラブをリングから排除

棚橋弘至とオカダ・カズチカが握手をした。

棚橋弘至とオカダ・カズチカが握手をした。
画像出典元 新日本プロレス

 

棚橋弘至

オカダカヅチカ・・プロレスは裏切りだけではない。

今後は、どうなるかわからない

 

オカダ・カズチカ

棚橋弘至さんに友達ができた。

棚橋さんも、ケニー・オメガを倒そうとしてるでしょ?

俺も、可愛い、生意気な後輩をいじめないといけない

これで、タッグを組むわけではないとコメント

両者とも早期の合体は、否定したが含みを持たせた。

 

オカダ・カズチカが凱旋し、棚橋弘至を狙った。

CHAOSに入り、中邑真輔から学び

棚橋弘至と戦って、進化していったオカダ・カズチカ

 

オカダ・カズチカが棚橋弘至に持ってる思いは強いはずでもある。

オカダ・カズチカが棚橋弘至に噛みついたように

 

ジェイ・ホワイトがオカダ・カズチカに噛みつく

オカダ・カズチカが新日本プロレストップになった証でもある。

 

新日本プロレスのトップに立ったオカダ・カズチカ

新日本プロレスのエースと新日本プロレスの象徴とも言えるオカダ・カズチカがついに

タッグを組む。

棚橋弘至とオカダ・カズチカタッグ
画像出典元 新日本プロレス

歴史は本当に動いた。なんと11月29日(木)『WORLD TAG LEAGUE 2018』後楽園ホール大会のメインイベントで、棚橋弘至とオカダ・カズチカが電撃合体し、KUSHIDAと夢の越境トリオを結成。ジェイ・ホワイト&バッドラック・ファレ&石森太二との6人タッグマッチが実現する。

それだけでなく、この大会以降のシリーズ後半戦でも、本隊&CHAOSの“共闘”が実現。

11月30日(金)後楽園大会~12月7日(金)秋田大会の6大会で、棚橋&オカダにKUSHIDA&ロッキー・ロメロを加えた夢のカルテットを結成して、BULLET CLUBと連日激突する。

 

Sponsored Link




棚橋弘至の後継者

新日本プロレスはアントニオ猪木、藤波辰巳、長州力、武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋、永田裕志、中西学、小島聡、天山広吉と脈々と流れる新日本プロレス

 

本隊に属したのは藤波辰巳、橋本真也、永田裕志くらいであろうか。

棚橋弘至は新日本プロレスの本隊に属し戦い続けたからこそエースの称号がふさわしい。

 

棚橋弘至の発言から、飯伏幸太を後継者にと言う思いを感じる

しかし、オカダ・カズチカが本隊に属し新日本プロレス絶対的なエースとなるべき時が近づいてきたのやもしれない。

棚橋弘至とオカダ・カズチカがバレットクラブを制裁に動く。

 

逸材棚橋弘至とレインメーカーオカダ・カズチカ合体

Sponsored Link



関連お勧め記事