WORLD TAG LEAGUE 2018開幕前哨戦の少ない棚橋弘至とケニー・オメガ

新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUE 2018のチームが発表された。

総当たりをするタッグのリーグ戦である。

注目タッグチーム

前回王者、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

EVIL&SANADA組

 

CHAOSから

石井智弘&矢野通組

 

IWGPヘビー級タッグチャンピオン

タマ・トンガ&タンガ・ロア

 

鈴木軍

鈴木みのる&飯塚高史組

 

出場タッグチーム

真壁刀義&トーア・ヘナーレ

天山広吉&小島聡

永田裕志&中西学

吉田綾斗&海野翔太

ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー

マイケル・エルガン&ジェフ・コブ

石井智宏&矢野通

バレッタ&チャッキーT

ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎

タマ・トンガ&タンガ・ロア

鈴木みのる&飯塚高史

ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

ザック・セイバーJr.&タイチ

EVIL&SANADA

 

などが参加するタッグリーグ戦

 

レッスルキングダムで対戦相手が決まっている。

ケニー・オメガVS棚橋弘至

IWGPヘビー級選手権

 

クリス・ジェリコVS内藤哲也

IWGPヘビー級インターコンチネンタル選手権

 

スペシャルマッチ

オカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト

オカダ・カズチカとジェイ・ホワイトはオカダ・カズチカと全シリーズから前哨戦を行い

遺恨を爆発させている。

 

しかし、ケニー・オメガVS棚橋弘至は前哨戦もなくケニー・オメガもシリーズに参加してない状況である。

内藤哲也は、ケニー・オメガもクリス・ジェリコもIWGPヘビー級と名の付く王者のシリーズ不参加に

疑問を投げかけている。

 

棚橋弘至は、前哨戦のないシリーズでオカダ・カズチカと結託

バレットクラブを刈る。

新日本プロレス本隊と、オカダ・カズチカのCHAOSでバレットクラブとの連日の戦いを選んだ。

G1クライマックスを制覇した棚橋弘至の勢いは止まらない。

 

レッスルキングダムを待つことのもなく、オカダ・カズチカと握手

共通の敵である。バレットクラブ制裁を選んだ。

 

現在の新日本プロレスは棚橋弘至を中心に動き出した。

G1クライマックス優勝決定戦では、柴田勝頼がセコンドに付き、棚橋弘至の勝利を予感させた。

棚橋弘至と柴田勝頼
画像出典元 新日本プロレスロスアンゼルス道場

G1クライマックス優勝した棚橋弘至は、オカダ・カズチカとも握手

棚橋弘至とオカダ・カズチカが握手をした。
画像出典元 新日本プロレス

 

新日本プロレスファンも棚橋弘至の復活に喜びケニー・オメガの持つIWGPヘビー級のベルト奪還

に期待を寄せ棚橋弘至の勝利を疑わない。

実際に棚橋弘至は昔いや昔以上の強さを身に着けたオーラを感じる。

 

Sponsored Link
 




ケニー・オメガが棚橋弘至との前哨戦を拒む理由

棚橋弘至は、IWGPヘビー級王者たるもの日本のプロレスファンに団体の魅力を伝える責任があると主張、シリーズ不参加に疑問を呈した。

新日本プロレスを愛し、プロレスファンを愛して来た棚橋弘至の説得力ある発言である。

 

一方ケニー・オメガは、棚橋弘至を批判、棚橋弘至は日本のファンの事しか考えていない

ケニー・オメガはシリーズ不参加でも、海外で勢力的に活動中と・・

逆に言わせてもらえば、棚橋は海外のファンのために何もしていない。米国で棚橋のサイン会、どれくらい並ぶ? 俺の100分の1くらいだろ。ファンを大事にしていないからだ。いいパフォーマンスをしていない。もしそんな棚橋が王者で新日本がマジソンスクエア・ガーデン(来年4月6日開催)を迎えることがあれば、それは恥ずかしいこと」と言いたい放題。王者はそのまま機上の人となったが、両者の主張は決戦当日まで平行線が続きそうだ。

 

まさに、棚橋弘至とケニー・オメガのイデオロギー闘争でもある。

内藤哲也も新日本プロレスが世界一と定義づけ新日本プロレスにチャンピオンがいないのは疑問と

棚橋弘至と同じ新日本プロレス愛を感じる。

ケニー・オメガVS棚橋弘至のレッスルキングダムin東京ドームの前哨戦が限られた試合にしたケニー・オメガは、棚橋弘至の別人を警戒する。

 

新日本プロレスのビックイベントで無類の強さを誇る別人棚橋弘至

レッスルキングダムの棚橋弘至の戦績を見てみると。

 

レッスルキングダム

IWGPヘビー級選手権

〇棚橋弘至VS太陽ケア

防衛に成功

 

レッスルキングダムII 

メインイベント

IWGPヘビー級選手権

〇中邑真輔VS棚橋弘至

防衛に失敗

 

レッスルキングダムIII

IWGPヘビー級選手権

〇棚橋弘至VS武藤敬司

武藤敬司からIWGPヘビー級ベルトを取り返す。

 

レッスルキングダムIV 

新日本プロレスVSプロレスリング・ノア対抗戦

〇棚橋弘至VS潮崎豪

 

レッスルキングダムV

メインイベント

IWGPヘビー級選手権

〇棚橋弘至VS小島聡

 

棚橋弘至が小島聡からIWGPヘビー級のベルトを取り返す。

レッスルキングダムVI

メインイベント

IWGPヘビー級選手権

〇棚橋弘至VS鈴木みのる

Sponsored Link


レッスルキングダム7

メインイベント

IWGPヘビー級選手権

〇棚橋弘至VSオカダ・カズチカ

 

レッスルキングダム8

メインイベント

IWGPヘビー級インターコンチネンタル選手権

異例のIWGPヘビー級選手権とWメインで実質インターコンチネンタルがメインイベントととなった。

 

〇棚橋弘至VS中邑真輔

レッスルキングダム9(WRESTLE KINGDOM 9)

メインイベント

IWGPヘビー級選手権

〇棚橋弘至VSオカダ・カズチカ

 

 

レッスルキングダム10(WRESTLE KINGDOM 10)

メインイベント

IWGPヘビー級選手権

 

〇オカダ・カズチカVS棚橋弘至

 

レッスルキングダム11(WRESTLE KINGDOM 11)

IWGPヘビー級インターコンチネンタル選手権

 

〇内藤哲也VS棚橋弘至

 

レッスルキングダム12(WRESTLE KINGDOM 12)

IWGPヘビー級インターコンチネンタル選手権

 

〇棚橋弘至Vジェイ・ホワイト

 

外的の現れた時の棚橋弘至の強さは異常である。
ケニーオメガの言う別人格も頷ける。

新日本プロレスにIWGPヘビー級のチャンピオンベルトを外敵から奪還する棚橋弘至はヒーローそのものである。

 

ケニー・オメガは、ビックイベントの棚橋弘至を警戒するのは当然で、手の内を知られたくないのが本音であろう。

ケニー・オメガコメント

ここまで挑戦者に触れない意図はいったい、なんなのか。ケニーは「前哨戦でドームの作戦がバレたくない。何回やったところでいつもの棚橋とドームのシングル戦の棚橋は、全然違う。死ぬ気で頑張るだろうしね」と説明。2015年まで1・4ドームのメインで5年連続勝利を挙げるなど、棚橋は「団体の顔」が決する大舞台で無類の強さを誇る。当日は“別人”が来るのだから、手の内をさらすだけ王者が不利というわけだ。

 

歴史あるIWGPヘビー級のベルトを世界規模に押し上げるケニー・オメガ

新日本プロレスファンの為にIWGPヘビー級のベルトはあると言う棚橋弘至

 

2人のどちらがベルトを巻くのが正論なのか?

勝者がイデオロギー勝者となるレッスルキングダムin東京ドーム

Sponsored Link



関連お勧め記事