棚橋弘至&オカダ・カズチカチーム連敗

棚橋弘至&オカダ・カズチカが握手をし、ジェイ・ホワイトのの制裁に入った

シリーズワールドタッグであったが、ジェイ・ホワイトの勢いを止める事が出来ない

同じコーナーに立った棚橋弘至&オカダ・カズチカであったが

初共闘した、試合でもジェイ・ホワイトダブルKOされた。

開始早々にダブルのバックエルボーをジェイに決めると、終盤にはドラゴンスクリューの競演で会場を沸かせた。ところが、見せ場は長く続かなかった。試合は石森のブラディークロスを浴びたKUSHIDAがフォール負け。しかも棚橋とオカダが、ジェイのブレイドランナー(変型フェースバスター)に揃ってKOされる始末だった。

棚橋弘至&オカダ・カズチカ
画像出典元 東スポWEB

その後の試合でも連敗は続き、棚橋弘至もオカダ・カズチカとのコミュニケーション不足を指摘した。

本隊とCHAOSの合体は、ちぐはぐさがあり、やはりタッグやチームはいかにコミュニケーションの必要性を痛感させられる。

外道は2人で来てもジェイ・ホワイトには勝てないと言われる始末である。

ジェイ・ホワイトもファンのブーイングを浴びながらのマイクアピール

ジェイ・ホワイトのヒールも板についてきた始末である。

Sponsored Link




新日本プロレスのTOPである棚橋弘至とオカダ・カズチカが組んでも勝てない?

それともジェイ・ホワイトの強さは本物か?

 

オカダ・カズチカがレッスル・キングダムで敗退となれば新日本プロレスの図式もまた変わる事になる。

ジェイのマイクアピール「コーベ! コーベ!(※観客から大ブーイング) 前回、コーベに来た時、俺は解き放たれた。(※外道を指して)俺たちは合体して、ニュージャパン・プロレスリングを変えた。(外道が)オカダの背中をイスで殴ってな。直後に俺は、オカダにブレードランナーを見舞ってやった。そのシーンがまだ目に焼き付いてる。その日から今に至っている。俺に仕返しするためにオカダはタッグパートナーを求め、タナハシと組んだ。だけど、オカダ、タナハシ組はドリームチームなんかじゃない。ドリームチームと呼ばれる価値などない。今日も負けて、これで5連敗。俺が真のドリームチームを提供する。それは、5連勝して時代を封印するBULLET CLUBだ(※ブーイング)。それは変えられない。タナハシは俺を倒すことはできない。オカダも俺を倒すことはできない。トーキョードームでの『WRESTLE KINGDOM』では、俺がもう1度、オカダを叩きのめす(※ブーイング)。オカダもタナハシも、そしてほかにヤツらも、選択肢は与えない。お前らに与えられるのはこれのみだ。BREATHE with the SWITCHBLADE、in My New ERA!」

オカダ・カズチカの勝利を疑わない新日本プロレスファンも、ジェイ・ホワイトの実力を認めざる得ない状況になってきた。

 

棚橋弘至もジェイ・ホワイトが向こうの勢いを作ってるのはジェイ・ホワイトと認め

オカダ・カズチカにジェイ・ホワイトを止めてくれ・・いかないなら俺が行くと焦りを見せた。

 

オカダ・カズチカも、こんなに思い通りいかない試合は初めてだと

改めてジェイ・ホワイトの制裁を誓った。

 

関連お勧め記事