棚橋弘至とケニー・オメガの戦い

オカダ・カズチカを時間無制限3本勝負という過激な試合スタイルで

撃破しIWGPヘビー級王座を奪い

年間を通して最高の試合を見せたオカダ・カズチカVSケニー・オメガ

2018年前半はまさにケニー・オメガ一色であった。

世界戦略めざし世界に打って出たケニー・オメガ

 

海外での試合でメインを務め海外で新日本プロレスに注目を集めた功績は大きい。

しかし、新日本プロレスのシリーズを欠場する事もあり

ベルトを地方のファンにお披露目する事も出来ない大会もあった。

 

一方棚橋弘至は、ジャパンカップ準優勝

オカダ・カズチカの持つIWGPヘビー級に挑戦

この試合は、自身の持つIWGPヘビー級連続防衛記録の更新にストップをかけるべく

オカダ・カズチカVS棚橋弘至
画像出典元 新日本プロレス NJPW

オカダ・カズチカの前に立ちはだかった。

オカダ・カズチカは今更棚橋弘至の挑戦?と先輩である棚橋弘至を棚橋と呼び捨てにし

 

棚橋弘至終焉をアピール

試合は棚橋弘至は善戦するも、オカダ・カズチカに敗戦

 

試合後も棚橋弘至に目をくれることなく、次の防衛戦をケニー・オメガと指名

棚橋弘至時代終焉を色濃くした。

 

棚橋弘至ファンは棚橋弘至時代の終わりを告げられ悲壮感に陥る事になる。

しかし、振り返ると内藤哲也にも同じ事をされた棚橋弘至

 

内藤哲也の持つIWGPインターコンチネンタルのベルトに挑戦敗戦した棚橋弘至は内藤哲也からリングで深々と一礼され敬意を表された。

内藤哲也は終わりを表現したが、棚橋弘至は再び内藤哲也の前にたち

テキサスクローバーホールドで勝利した。

棚橋弘至ファンは棚橋弘至の復活を疑わずにいた

それに応える棚橋弘至は、見事にG1クライマックスを制覇して見せた。

棚橋弘至
画像出典元
日刊スポーツ
新日本プロレス

その後、G1クライマックスで勝ち取った、ドームでのIWGPヘビー級挑戦権利書防衛戦の相手にオカダ・カズチカを指名

 

オカダ・カズチカと対戦した棚橋弘至は3年振りオカダ・カズチカに勝利して見せた。

 

ジェイ・ホワイトとの防衛戦もクリアした棚橋弘至はケニー・オメガの持つIWGPヘビー級王座への挑戦が決定した。

棚橋弘至の誤算とケニー・オメガの躍進

棚橋弘至ここ数年の不調はケニー・オメガが作ったと言ってもいい

怪我にも泣かされた棚橋弘至であったが

 

中邑真輔のWWEへ移籍が決まった時ケニー・オメガはジュニアヘビーからヘビー級に転向、AJスタイルズからバレットクラブのリーダを奪い中邑真輔の持つIWGPインターコンチネンタルベルトへの挑戦が決まっていた。

 

しかし中邑真輔はケニー・オメガの挑戦を受けることなく

壮行試合を行った

納得のいかないケニー・オメガ

中邑真輔や棚橋弘至の出る壮行試合に乱入、ケニー・オメガは中邑真輔に噛みついた。

終生のライバルであり盟友の棚橋弘至は中邑真輔に噛みつくケニー・オメガの前に立ちケニーお前の相手は俺がやると宣言

 

中邑真輔からIWGPヘビーインターコンチネンタルベルトの継承を宣言した。

棚橋弘至VSケニー・オメガでIWGPインターコンチネンタル決定戦が行われた。
 

ジュニアヘビー上がりのケニー・オメガだけに棚橋弘至も棚橋ファンも勝利は疑わず

棚橋弘至がインターコンチネンタルのベルトを守る予定であった

 

しかし、予想に反しケニー・オメガは棚橋弘至に勝って見せた。

棚橋弘至は唖然とした。

 

ケニー・オメガもヘビー級に不安が無かった訳ではなかった

試合をするうちに、スピードやパワーですら棚橋弘至を上回ってると感じた

その後のケニー・オメガの躍進は目を見張るものがあり

IWGPヘビーインターコンチネンタル

IWGPヘビーUS

オカダ・カズチカやクリス・ジェリコを撃破

 

一気に新日本プロレスの頂点まで登りつめた。

ケニー・オメガ
ケニー・オメガ

ケニー・オメガが棚橋弘至を潰し未来を作る

棚橋弘至はケニー・オメガのレスリングは品がないと言う

ケニー・オメガは新しいレスリングをプロレスに持ち込み新時代のプロレスと呼ばれ

世界を圧巻した。

そのファイトスタイルに警告を出す棚橋弘至、プロレスはわかりやすければならない

その過激さは度を増し、プロレスをダメにするとも言う

 

一方ケニー・オメガは棚橋弘至はもう古いレスラーで進化についていけないレスラーであるという。:もちろん、自分のスタイルに信念を持つことは正しいと思うけど、それを人に押し付けるのはどうなのかな。俺がゲーム好きだってことは知ってるよね? だから敢えてゲーム機で例えるけど、棚橋サンは“ファミコン世代”のプロレスをしてるんだよ。もちろんファミコンは最高のゲーム機だし、素晴らしいタイトルも数多くある。だけど時代は、どんどん進化していて、ファミコンの時代には考えられなかったようなゲーム機やタイトルが続々と登場しているし、ファンもそれをエンジョイしているわけだから。─それなのに、棚橋選手は「ファミコンこそテレビゲームの本道」と言ってるようなものだと

 

ケニー・オメガはオカダ・カズチカを巨大な壁のような存在であったと

内藤哲也をルチャリブレを取りいれ進化独自の個性を作った。

飯伏幸太を飯伏幸太が作り上げたレスリングスタイルと3者をリスペクトし時代を作るレスラーと評価する。

 

その為には時代に後おくれた棚橋弘至と棚橋弘至の不安を粉砕し新しい新日本プロレスの時代を作ると宣言

プロレスを守るのはどちらの戦いかと提案する。

国内最大のプロレス興行「WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム」。そのメインイベントでその決着はつく。

歴史を見ても勝者が正論となる。

Sponsored Link




棚橋弘至人気は止まらず

ジャイアント馬場とアントニオ猪木古くは力道山から刻まれる歴史であるプロレス

 

ジャンボ鶴田や天龍源一郎

藤波辰巳や長州力、前田日明

三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明の四天王

武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋の闘魂三銃士

など多くのスーパースターが存在する日本のプロレスだが

 

飯伏幸太が棚橋弘至をアントニオ猪木みたいな存在になりつつあると言う

棚橋弘至は新日本プロレスの道場からアントニオ猪木のパネルを外し

脱アントニオ猪木を掲げ中邑真輔と共にプロレス界を格闘技路線から救った。

 

アントニオ猪木が前田日明や小川直也を作り出しUWFやprideなどを推奨

プロレスを地に追いやったのは否めない

 

窮地に追いやられた新日本プロレスを救ったのは棚橋弘至の地道な努力である

基盤ができファンが戻った新日本プロレスにオカダ・カズチカやケニー・オメガが新しいプロレスの風を吹かせケニー・オメガが世界に通用するプロレスを展開させた。

 

しかし、飯伏幸太は棚橋弘至との戦いで、ケニー・オメガや自分がやっているプロレスはアスリート系のプロレスであるが棚橋弘至さんのプロレスは棚橋弘至プロレス

アントニオ猪木の世界観があると言った。

 

Sponsored Link



アントニオ猪木は唯一無二の存在で長州力が勝利しても

藤波辰巳が勝利しても越える事の出来ない存在であった。

 

プロレスオールスター戦が開催される事が決定した時

全日本プロレス3冠ヘビー級チャンピオンの宮原健斗が棚橋弘至との対戦を熱望した。

宮原健斗の対戦要望にすぐさま反応したのが

 

大日本プロレスの関本大介である。

大日本関本大介
画像出典元
東スポWEB

俺も戦いたい。大日本プロレスのBJW認定世界ストロングヘビー級王者・関本大介(37)が27日、「ジャイアント馬場没20年追善興行」(来年2月19日、東京・両国国技館)での棚橋弘至(42=新日本プロレス)戦に名乗りを上げた。「宮原(健斗)選手が棚橋さんと戦いたいと言っている記事を読みました。僕も出場が決まっている以上、日本プロレス界の中心にいる棚橋さんと絡みたい。ぜひ戦わせていただきたいです」 宮原は20日発行本紙で棚橋との初対戦を熱望した。3冠ヘビー級王者と、G1クライマックス覇者で東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」MVPの黄金カードが実現すればメインが確実視される。

 

棚橋弘至は既に勝敗関係なく戦う事に意味のあるレスラーとなっているのかもしれない

日本のプロレス界の象徴であり

新日本プロレスの棚橋弘至は唯一無二の存在になろうとしている。

その棚橋弘至を完璧なまでに葬りさり新しいプロレスの切り開こうとするケニー・オメガの戦いである。

Sponsored Link




あわせて読みたい記事