プロレス大賞MVP棚橋弘至

2018年もっとも活躍したプロレスラーに贈られる
プロレス大賞MVPに棚橋弘至が選ばれ受賞。

棚橋弘至MVP
画像出典元
NJPW
東スポWEB
YouTube

現在のプロレスのブームは新日本プロレスが牽引している。特性上新日本プロレス選手が
数多く選ばれている。
その中で1年を通して、もっとも活躍した選手に贈られるMVPである。

新日本プロレスで言えば前半は、オカダ・カズチカVS内藤哲也のIWGPヘビー級選手権で、オカダ・カズチカがスタート奪取
オカダ・カズチカIWGPヘビー級連続防衛記録達成。VS棚橋弘至
新日本プロレス春の祭典NEW JAPAN CUPで、ザックセイバーjrが優勝。
棚橋弘至準優勝

オカダ・カズチカVSケニー・オメガのIWGPヘビー級選手権時間無制限3本勝負。
歴史的な試合。時間無制限3本勝負。
新チャンピオンケニー・オメガの誕生。

2018年ベストバウトに選ばれる試合となる。
後半に入ると棚橋弘至の復活躍進が始まる。
G1クライマックスで棚橋弘至優勝。

オカダ・カズチカに4年ぶりに勝利。G1クライマックス権利証を守り抜いた。
2018年 棚橋弘至がオカダ・カズチカに勝利するまで。だが試合の結末は?

ジェイ・ホワイトとオカダ・カズチカが抗争を開始。
棚橋弘至とオカダ・カズチカが電撃的な握手

新日本プロレス歴史的合体、棚橋弘至&オカダ・カズチカ

新日本プロレスの要所で、棚橋弘至が大きく関わり新日本プロレスに話題を振りまく。
プロレスの外にも発信する。棚橋弘至は映画パパはわるものチャンピオン」で初主演を果たした。
情熱大陸にも出演プロレスを内外に大きくアピールした棚橋弘至。

情熱大陸棚橋弘至
画像出典元
情熱大陸
情熱大陸棚橋弘至

新日本プロレスを支え続けてきた100年に1人の逸材棚橋弘至。
度重なる故障で、もうトップ返り咲きは絶望的と思われた2018年。

再びオカダ・カズチカ、ケニー・オメガ、内藤哲也に並び、4強に返り咲きMVPを獲得した。
棚橋弘至のMVPは4年ぶりであり、棚橋弘至の年齢を考えると4年振りのMVP。
復活した棚橋弘至を思わせるMVP受賞である。

坂口征二新日本プロレス相談役が、棚橋4度目のMVP受賞を「流れが速いプロレス界で、4年ぶりという部分に価値がある」と祝福した。

3年連続MVPを狙った内藤哲也であったが、1.4オカダ・カズチカに敗戦。
NEW JAPAN CUPでザックセイバーjrに敗戦。
クリス・ジェリコにインターコンチネンタルのベルトを奪われ失速した。

巻き返しを図った、G1クライマックスでは、惜しくも決勝進出に届かず。
3年連続MVPをを逃した。

だが、個人内藤哲也はMVPには届かなかったが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの飛躍は大きくプロレスを認知させる事に成功した功績は大きい。

内藤哲也は技能賞を獲得

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也の制御不能は止まらず。
2019年も制御不能内藤哲也。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは健在。MVPの返り咲きを狙う。

ベストバウト賞はオカダ・カズチカVSケニー・オメガのIWGPヘビー級選手権

史上初の5年連続ベストバウト賞を受賞したオカダ・カズチカ
凱旋帰国してからのオカダ・カズチカの活躍はもはや言うまでもない。

棚橋弘至や中邑真輔が再生させた新日本プロレス。さらなる高みへ突き上げたのがオカダ・カズチカである。
その名勝負。ベストバウトマシーンと呼ばれるケニー・オメガも、3度めのベストバウト賞を受賞。

レッスルキングダム13in東京メインケニー・オメガVS棚橋弘至イデオロギー闘争結果は棚橋弘至ハイフライフローで勝利

オカダ・カズチカとケニー・オメガの試合は、新しいプロレスを予感させるものであった。
新しいプロレスファンを獲得した。まさに新感覚の試合であった。

そのベストバウトマシーンのケニー・オメガは、1.4レッスルキングダム13で棚橋弘至に敗戦。
IWGPヘビー級王座から陥落。新日本プロレスを退団をほのめかしていた。

ケニー・オメガ新日本プロレスを退団

ユニットのジ・エリートCodyやヤングバックスがAEW(オールエリートレスリング)旗揚げに参加決定した。
ケニー・オメガの動向に注目が集まっていた。

ケニー・オメガコメント東スポWEB

自身3度目のベストバウト受賞となったケニーは、日本語でスピーチした。「来年はこのステージには立てないかもしれない。でも世界で活躍を見せて、また大きい会場でベストバウトを見せます。東スポ大賞がこれで最後ではないとは思うんですけど…またいつかベストバウトかMVPか技能賞か何か取りたい。また会う日まで。グッバイ、アンドグッナイト!」 今年の1月4日東京ドーム大会で棚橋に敗れ、翌5日の後楽園大会に不出場。その後の本紙の取材で、新日プロとの契約が満了する今月限りで日本マットを離れる決意を明らかにした。今回初めて、公の場で意思表示をしたことになる。

ケニー・オメガ自身はAEW参加表明の発表はしていない。
だがWWEもしくはAEW参加が濃厚と思われる。
WWE参加となれば中邑真輔との試合の可能性出てくる。

新日本プロレスファンとしては、ヘビー転向したケニー・オメガと中邑真輔の試合は、新日本プロレスでは実現しておらずWWEで実現する可能性も。

2019年棚橋弘至を先頭に走り出す新日本プロレス。ジェイ・ホワイトの台頭やオカダ・カズチカの復活。
内藤哲也とロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの動向にも注目である。

全日本プロレスとプロレスリング・ノアの巻き返しは?

全日本プロレスからは諏訪町&石川が最優秀タッグ賞。
プロレスリング・ノアから丸藤正道が殊勲賞
若きGHCヘビー級チャンピオン清宮海斗は敢闘賞となった。

元来同じジャイアント馬場の流れを持つ団体。
全日本プロレスとプロレスリング・ノア様々な確執があった両団体。

2018年丸藤正道がチャンピオンカーニバルに参戦。秋山準と禊の試合もした。
チャンピオカーニバルで優勝した丸藤正道は、宮原健斗の持つ3冠ヘビー級にも挑戦した。
交流もスムーズに進んでいる。

若きチャンピオンとなった清宮海斗。飛躍するためには四天王プロレスを体感している
秋山準との試合をするのも、また新たなステップアップになるであろう。

両団体ともメジャー団体と言われ、質の高いプロレスを展開している。
だが、新日本プロレスの発信力の差には、いまだ足元に及ばないのが現状である。

全日本プロレスとプロレスリング・ノアの復活が、さらにプロレス界にムーブメントを起こす。
3冠ヘビー級チャンピオン宮原健斗vsGHCヘビー級チャンピオン清宮海斗の戦いも見てみたい。

あわせて読みたい記事