WWEロイヤルランブル女帝アスカVSベッキー・リンチ

女帝アスカのスマックダウン女子王座防衛戦は、ザ・マンベッキー・リンチと行われた

関節が得意な両者、男子レスリング顔負けのパワーファイターの対戦で激戦は必至

王者として迎えたPPV大会ロイヤル・ランブル

前王者ベッキー・リンチから直接勝利をして奪ったスマックダウン女子王座ではなかった女帝アスカ

ベッキー・リンチも納得のいかない敗戦でアスカが直接対決で下してこそ真のスマックダウン女子王座となる。

WWEで活躍女帝アスカ
画像出典元
(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

序盤、ドロップキックを決めた後に「こいおら、こいや」と絶叫したアスカは平手打ちの挑発を受け、顔面への蹴りでお返し。エプロンにいたリンチをヒップアタックでリング外に落とし、派手な場外戦も展開した。スパーダー式裸絞め、飛び技を仕掛けたリンチの顔面にもカウンターの蹴りで迎撃した。串刺しヒップアタック、原爆落とし、腕ひしぎ逆十字固めからのアスカロック(羽根折り式胴絞め裸絞め)にも入ったが、リンチに回避された。エプロンでの攻防からアスカが場外へ投げ技を仕掛けると、両者ともに大きなダメージを負った。アスカがおきて破りの相手必殺ディスアーマーを仕掛ければ、リンチにもアスカロックで絞められておきて破り返し。関節技の攻防に入ると、王者はアスカロックに入った後、胴絞めだけ外し、半回転してブリッジ。そのまま変形裸絞めで追い込み、リンチからギプアップを奪ってみせた。

力でねじ伏せて見せた女帝アスカ

NXT時代無敗で、ベッキー・リンチも下していた実力はさらなる進化を見せた。

ザ・マンベッキー・リンチを下した女帝アスカの時代

もう止める事は出来ない、シャーロット・フレアーやロンダー・ラウジーとの一騎打ち目前

シャーロット・フレアーには連勝記録をストップさせられた。

ロウのロンダー・ラウジーとは頂点を決める決戦も要する

 

女帝アスカを中心に動き出すWWE女子

Sponsored Link




中邑真輔はUS王座奪還に成功

WWEd活躍の中邑真輔
画像出典元(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

US前王者の中邑真輔

ロックスターから黒のロックスターに変身

ナカメリカと名乗りUS王座を満喫していた。

王座を奪われたクリスマス、ルセフ王座奪還を予告していた。

 

中邑真輔のWWEでの活躍はもう言う事はなく後はWWEの頂点へと行くだけ

しかし中邑真輔はUS王座を気に入ってしまったようだ。

ゴング前からにみつけた表情の中邑は気合十分。腕ひしぎ逆十字固めから三角絞めと得意の関節技フルコースで攻め込んだ。パワーあふれる王者の強引な投げ技で反撃されたものの、大技のランドスライドも成功。コーナーのターンバックルカバーを外して反則攻撃を想定した中邑は、王者セコンドの妻ラナ夫人に発見されて口論に発展。好機とばかりに背後から張り込んだルセフをかわすと、ラナに誤爆した。動揺したルセフの隙を突き、後頭部にキンシャサを決め、3カウントを奪った。実況席からは「ユナイテッド・ステーツ・ナカメリカ!」の絶叫が飛び出した

ナカメリカの復活となった。

 

スマックダウン女子王座防衛のアスカ

US王座奪還の中邑真輔日本人が頂点に立つ。

US王座奪還を達成した中邑真輔はロイヤルランブルにも出場連覇を狙ったが惜しくも優勝ならず。

 

中邑真輔&女帝アスカのロイヤル・ランブル優勝

Sponsored Link



あわせて読みたい記事