レインメーカーショック再びジェイ・ホワイトIWGPヘビー級初栄冠

ジェイ・ホワイトIWGPヘビー級王座強奪
画像出典元NJPW

 

レインメーカーショック再び起きたオカダ・カズチカ凱旋帰国

棚橋弘至の保持するIWGPヘビー級のベルトを奪ったレインメーカーショック

 

棚橋弘至と中邑真輔で新日本プロレス冬の時代を乗り越え

オカダ・カズチカの出現で新日本プロレスブームが起こった。

24歳でオカダ・カズチカがやってのけた大金星。

 

同じ大阪の地でジェイ・ホワイトが棚橋弘至の保持するIWGPヘビー級王座を強奪して見せた。

プロレス歴5年の26歳のジェイ・ホワイトのIWGPヘビー級獲得は中邑真輔

オカダ・カズチカに次ぐ3番目の記録となる。

 

外道の介入もあったIWGPヘビー級選手権だがオカダ・カズチカを撃破し棚橋弘至をも撃破したジェイ・ホワイトは新日本プロレスのトップと言ってもいい存在となった事実

 

棚橋弘至と30分余りに激戦を制したジェイ・ホワイト

棚橋弘至は奥の手、スタイルズクラッシュを出すもハイフライフローを避けられ

ブレード・ランナーでピンフォール負けを喫した。

奥の手を繰り出した棚橋はジェイの身体を無理やり起こしフルネルソンに捕獲する。だが、ジェイもこらえてブレードランナーへ。だが、棚橋はこれをその場飛びのスリングブレイドで切り返し、すぐさまロープに飛んで正調のスリングブレイド。そして再びフルネルソンに捕まえてドラゴンスープレックスだ。
ジェイはこれをキックアウト。ならばと棚橋はコーナーに上がり、立ち上がってきたジェイにハイフライフローを発射。しかし、ジェイはこれを避けて着地した棚橋をキャッチ! 一瞬でブレードランナーの体勢に捕らえて発射! これがズバリと決まり3カウント! ジェイが棚橋を破り、IWGP王座初挑戦にして初戴冠を果たしたのだった。

スイッチブレードの愛称の通り冷たく棚橋弘至を頬むったジェイ・ホワイト

棚橋弘至の勝利を疑わない会場は静まり返ったが新時代宣言の通り

ジェイ・ホワイトが初挑戦で初栄冠IWGPヘビー級王座を強奪した。

 

棚橋弘至はオカダ・カズチカに続くレインメーカーショックを再び起こしてしまった。

 

Sponsored Link




ケニー・オメガに変わるヒールに徹するジェイ・ホワイトの人気は爆発するか?

オカダ・カズチカの登場

中邑真輔とAJスタイルズ主力の退団後に内藤哲也のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン出現とケニー・オメガの台頭で新日本プロレスに新たなムーブメントが起きた。

これは新日本プロレスの棚橋弘至と中邑真輔時代を否定すると共に新たな時代を予感させる出来事であった。

オカダ・カズチカがIWGPヘビー級から陥落、ケニー・オメガを破った棚橋弘至が復活、時間が逆に戻った瞬間でもあった。

 

新日本プロレス棚橋弘至ファンは歓喜した。

しかし、棚橋弘至の肉体には長年の疲労や怪我が多くたまっていて。

ジェイ・ホワイトの勢いを止める事は出来なかったのは事実。

 

ジェイ・ホワイトは自分は外国人だから注目されない、勝ってもオカダ・カズチカや内藤哲也見たいに注目されないと言うジレンマがあったのだろう。

 

ケニー・オメガからIWGPヘビー級US王座を奪ったのは2018年1月である

G1クライマックでオカダ・カズチカと棚橋弘至に勝利しても

ファンはジェイ・ホワイトに振り向かなかった。

 

ジェイ・ホワイトはオカダ・カズチカを裏切り、外道と結託

連日オカダ・カズチカを襲った。

ファンの反感をかった。

 

しかし、オカダ・カズチカとの試合では連日勝利

オカダ・カズチカが絶対に勝たなければいけなかったレッスルキングダムのシングルマッチでもジェイ・ホワイトがピンフォール勝ち。

棚橋弘至とオカダ・カズチカドリームタッグを作ってもジェイ・ホワイトの勢いは止まらなかった。

結果IWGPヘビー級選手権までたどり着いたジェイ・ホワイトは棚橋弘至からIWGPヘビー級のベルトを強奪して見せた。

 

王者になったジェイ・ホワイトはこうコメントする。

 ショックを受けてるのかもしれないけど、お前らの感情なんて、俺にとっちゃどうでもいいことだ。

タナもレフェリーも会社も止められなかったこの強さをもって、チャンピオンになることができた

このベルトを再びナイトーに渡すとか、そんなことを言うべきじゃない。そんなことは起こらないからな

MSGこそが答えになるな。そこにこのベルトを持っていく。それまで俺は防衛戦をするつもりはないからな。MSGはとてつもなく多くのファンが待ち望んだ大会だろう。でもきっと、俺のことなんて大嫌いなはず。

この反骨心がジェイ・ホワイトをIWGPヘビー級王者に導いた。

内藤哲也も0か100がレスラーを大成させると言う

 

中途半端な選手より強いヒールが注目が集まるのは必然である。

 

ヒールに徹するジェイ・ホワイト

オカダ・カズチカも内藤哲也もヒールから火が付いた。

新日本プロレスは面白くなる。

 

棚橋弘至がIWGPヘビー級から陥落した事はマイナスなばかりではなく

ジェイ・ホワイトが宣言した新時代到来の布石にもなる。

 

いままで挑戦出来なかった新日本プロレスのレスラーたちがこぞってジェイ・ホワイトを付け狙うかもしれない。

 

バットラックファレにレインメーカーを決めたオカダ・カズチカが再び立ち上がる。

内藤哲也がIWGPヘビー級2度目の栄冠に動き出す。

EVILがSANADAが・・

 

メジャー団体のチャンピオンが全員20代となった

全日本プロレス3冠ヘビー級王者 宮原健斗

プロレスリング・ノア  GHCヘビー級王者 清宮海斗

IWGPヘビー級王者   ジェイ・ホワイト

 

注目の新時代の新日本プロレス

Sponsored Link



あわせて読みたい記事