WWE アスカSD女子王座防衛戦

WWEの日本人レスラーアスカ。
アスカは現在最高峰SD(スマックダウン)女子チャンピオン。
シャーロット・フレアー、ベッキー・リンチと抗争を展開。

トリプルスレッド戦制し王座をSD王者初戴冠。
アスカを巡り、シャーロット・フレアーとベッキー・リンチは戦いベッキー・リンチが勝利。
アスカへの挑戦権を獲得した。
結果はアスカの勝利。
WWEで最強の2人を押しのけてSD女子王座に君臨するアスカ。

シャーロット・フレアーとベッキー・リンチはアスカとの戦いに休戦。
RAW女子王者ロンダ・ラウジーに標的を絞った。
もはや敵なしとなったアスカ。

リングには魔物が住んでいた。
アスカにとっては小物のマンディー・ローズが隙をついて丸め込みアスカからピンフォール勝ちを奪ってみせた。
この事実は変える事が出来ず。

アスカはマンディー・ローズとベルトをかけて戦う事になった。

しかし、実力の差は歴然で試合はアスカの決め技アスカロックを出すこともなくアスカの勝利となった。
力量差は明白で、窮地に陥ったボスのためにソーニャがリング下から竹刀を取り出してボスに渡そうとした。しかしここでソーニャが致命的なミスを犯す。エプロンからリング下を覆う垂れ幕を戻し忘れたため、ロープに走ったマンディが足を取られ転倒したのだ。 すかさずアスカは高速のスピンキックを叩き込んで3カウント奪取。必殺のアスカロックを出すまでもなく6分38秒、防衛に成功した。

SD女子VSRAW女子

SD女子で抗争を展開したベッキー・リンチとシャーロット・フレアーがロンダー・ラウジーを標的に動き出した。
この事でWWE女子の流れはSD女子からRAW女子に注目が移った。

アスカはWWEのNXT時代から無敗を貫き
現在でも負け数はほとんどない、アスカが防衛を続けてい行くと
今度はロンダ・ラウジーやベッキー・リンチ、シャーロット・フレアーとの抗争が展開するであろう。
アスカは紛れもなく世界最大のエンターテインメントプロレスWWEの中心選手となっている。

あわせて読みたい記事