WWE女帝アスカスマックダウン女子王座から陥落

アスカにとっては寝耳に水の王座戦が急遽行われた

相手は、RAW女子王座を巡ってロンダ・ラウジーとベッキー・リンチと3WAYマッチがレッスルマニアメインで行われその対戦相手のシャーロット・フレアー

アスカは昨年12月ラダーマッチでベッキー・リンチとシャーロット・フレアーと対戦

王座を獲得した。

スポンサーリンク




 

ロイヤランブルでベッキー・リンチの挑戦を退けRAW女子王座を巡って

ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーはロンダ・ラウジーを標的にしていたのでアスカへの挑戦などあり得ない事であった

シャーロット・フレアー推しのオーナーマクマホンは、ベッキー・リンチがロイヤランブルで優勝したのにも関わらず

ロンダ・ラウジーへの挑戦権をはく奪、シャーロット・フレアーの挑戦を決定した経緯がある。

シャーロット推しのビンス・マクマホン会長(73)の策略なのは間違いない。予想外の展開にアスカは驚きを隠せなかったものの、王者として誰の挑戦でも受けなければならない。開始から左足に集中砲火を浴びるも、女王様に強烈な蹴りを叩き込み、飛びつきDDT、ヒップアタック、スライディングキックなど多彩な攻めで追い込んだ。

しかし急遽組まれたシャーロット・フレアーの試合であったが

王者アスカはベルトを失う事となった。

オーナーマクマホンの策略にはまった女帝アスカ
しかしこれでレッスルマニアの祭典が面白くなってきた。

女帝アスカはどう動く?
シャーロット・フレアーはスマックダウン女子王者としてロンダ・ラウジーのRAW女子王座を取りに行く

文字通りの2冠で最強女子となる

このまま終わりそうもないアスカ4WAYに持ち込むのか?

予断を許さないレッスルマニア35である。

スポンサーリンク



あわせて読みたい記事