悪の紫雷イオ登場

日本でベビーフェイスの紫雷イオが黒のイオに変身した。

スターダムから鳴り物入りでWWEへ移籍

 

参加のNXTですんなり王座へと行くはずだった

しかし参加したメイヤングクラッシックトーナメントでは準優勝

 

新たな抗争を仕掛けたMMA軍団フォー・フォース・ウィメン

その矢先タッグパートナーのカイリ・セインはスマックダウンへ昇格し

抗争は1人で多勢に無勢の紫雷イオは痛めつけられた

 

しかし日本のスパースター紫雷イオはここでへこたれず

1人でMMA軍団フォー・フォース・ウィメンを蹴散らす

 

紫雷イオはシエイナー・ベイズラーの保持するNXT女子王のベルト奪いに行く

そこで救世主キャンディスが登場、紫雷イオのサポートを志願

 

紫雷イオもそれを受けてキャンディスとタッグ結成と思われた

NXT女子の王座戦は金網マッチで行われた。

 

紫雷イオは、シエイナー・ベイズラーを圧倒勝利を目前にした金網脱出瞬間

なんとムーンサルトプレスを放ってシエイナー・ベイズラーをKOしてしまった。

 

その後MMA軍がシエイナー・ベイズラーを救出

紫雷イオは、試合に勝って勝負に負けた

 

そこで切れた紫雷イオは、味方のキャンディスまで制裁

お前のせいで負けたと意味不明な事を口走り

 

最後は観客カイリ・セインもで敵に回す発言

今後の行動に注目が集まった

 

登場したのは赤から黒に変身した紫雷イオの姿があった

紫雷イオ
画像出典元
紫雷イオ
2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本でも黒に変身したレスラーが成功した事例は多い

代表では蝶野正洋が黒のカリスマとなりnWoジャパンでムーブメントを起こした。

※関連 黒のカリスマ蝶野正洋

 




紫雷イオがヒールに転向

プロレスラーがヒールに転向

ブレークを果たすのは珍しくはない

「黒いイオ」の登場と同時に場内からは大ブーイング。同時に「イオちゃん!」のチャットが連呼される。要するに会場全体がイオのヒール転向に猛反対したわけだ。 ファンの複雑な心境を無視するように、イオは「うるせーんだよ、おめーらよ。文句あるなら帰れよ!」とマイクを通さず罵声を浴びせる。そして約10秒間の沈黙の後、マイクを握ると「あたしは友達なんて必要ない。あんたたちの応援も必要ない!」と孤闘を宣言。マイクを叩きつけてリングを後にした。

昔のヒールと違い凶器三昧というわけではなく

狂気となる事が多い

蝶野正洋が黒のカリスマに変身した時は反新日本プロレスのを掲げ

共感を得てムーブメントを起こした。

 

紫雷イオのヒールはどのような展開が待ち受けるのか?

それだけWWEでの成功は容易ではないとも言える。



あわせて読みたい記事