石井智宏2連勝ジェイ・ホワイト2連敗

石井智宏がG1クライマックス29で2連勝と好発進

毎回優勝候補を撃破してG1クライマック後のレッスルキングダムのメイン挑戦権

をかけて戦う石井智宏…今回優勝もあり得る。

 

G1クライマック27では優勝した内藤哲也を破りG1クライマック後内藤哲也から指名を受けて

レッスルキングダムのメインを争った

 

G1クライマックス28ではIWGPヘビー級王座ケニー・オメガを撃破して

IWGPヘビー級に挑戦した。

 

石井智宏と言えば天龍源一郎や長州力の元で哲学を学んだ強者

小兵であるが多くの名勝負を繰り広げる石井智宏

初戦ジェフ・コブを撃破した石井智宏

ジェフ・コブは決して弱い相手ではない。

そのジェフ・コブを必殺技垂直落下式ブレーンバスターで葬った。

その石井智宏が前IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイトと対戦

 

相変わらず悪態を付きブーイングをくらうジェイ・ホワイトだがオカダ・カズチカや棚橋弘至を破った実力者

G1クライマックス29石井智宏
画像出典
NJPW

NEVER王者と前IWGPヘビー級王者の実力者対決は、互いに一歩も譲らぬ白熱の展開が続いた。ジェイのブレイドランナーを阻止した石井は延髄斬り、スライディングラリアートで畳みかける。なおもジェイが狙い続けるブレイドランナーを今度はコンプリートショットで切り返し、強烈な首折り弾を発射。最後は垂直落下式ブレーンバスターでマットに突き刺した。

今年も石井智宏がG1クライマックをかき乱す

いや優勝もあると言う事であろう

 

棚橋弘至と同世代の石井智宏がG1クライマックス29好発進2連勝

 




ジェイ・ホワイトまさかの2連敗

ジェイ・ホワイト昨年暮れにオカダ・カズチカに反旗を翻し

外道と結託IWGPヘビー級王座まで上り詰めた。

※関連  外道がオカダ・カズチカに決別した理由

 

ジェイ・ホワイトはUSヘビー級王座を獲得した経緯はあったが

評価はあまり高くなかった。

 

ジェイ・ホワイトは新日本プロレスヤングライオンとして新日本プロレスで戦っていた

しかしジェイ・ホワイは嘆いていた

日本人ではない自分にはチャンスはないと。

※関連 ジェイ・ホワイトはなぜ強い

 

 

しかしジェイ・ホワイは実力で、オカダ・カズチカと棚橋弘至に勝利して見せた

悪態をつくキャラを作り世間から注目を集めた。

 

オカダ・カズチカにIWGPヘビー級王座を奪われても

挑戦権は自分にあると言い続けてジェイ・ホワイト

しかし新日本プロレスの壁は厚い

 

後藤洋央紀に勝利して見せたジェイ・ホワイトだがLAに行った後藤洋央紀は帰国後

ジェイ・ホワイトを付け狙い

 

G1クライマックス29でリベンジを果たした。

続く石井智宏戦でもジェイ・ホワイトは石井智宏の必殺技垂直落下式ブレーンバスターで敗れた

オカダ・カズチカを付け狙うだけの戦いでは収まらない新日本プロレス

 

ジェイ・ホワイトのG1クライマック29はまだ続く

負けられない内藤哲也やモクスリーなど難敵が多い

このままズルズルと後退してしまうのか?

 

G1クライマックス29を勝たないと後半の主役にはなれない新日本プロレス

前IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト2連敗で崖っぷちとなった。



あわせて読みたい記事