G1クライマックス29落選鈴木みのる

新しい顔ぶれの揃ったG1クライマックス29

その中でベテラン鈴木みのるが落選した。

当落線上に不明確部分にたいし不満を表していた鈴木みのる

 

なぜ俺はG1クライマックスに出れない?

そう言い続け新日本プロレスの答えを待った。

 

しかし新日本プロレスから明確な答えはなく

G1クライマックスは、飯伏幸太の優勝で幕を閉じた。

 




G1クライマックス29最終戦オカダ・カズチカからピンフォール勝ち

新日本プロレス日本武道館で、オカダ・カズチカ&棚橋弘至VS鈴木みのる&ザックセイバーjr

の戦いが行われた。

 

鈴木みのるオカダ・カズチカからピンフォール勝ち

鈴木みのる
画像出典元
NJPW

オカダは鈴木の背中にドロップキックを決めるも、鈴木はロープワークからスキをついてスリーパー。そしてゴッチ式パイルドライバーを狙うが、オカダはリバース。
しかし、鈴木はミスティカのように身軽な動きを見せると、もう一度スリーパーへ。棚橋がカットに入ろうとするも、ザックがフロントネックロックで捕獲。
最後は鈴木がオカダにゴッチ式パイルドライバーを見舞い、3カウントを奪取。鈴木が現IWGPヘビー級王者から衝撃的なピンフォール勝ちを収めた。

オカダ・カズチカからピンフォール勝ちを奪った鈴木みのる

鈴木みのるはIWGPヘビー級のベルトの挑戦を要求

プロレスの王鈴木みのる吠える

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカからピンフォール勝ちを奪った鈴木みのるが吠える

鈴木「ここで改めて言わせてもらおう。何を俺を抜きで最強とか名乗ってるんだこの野郎!おい、最強とはな、俺のことだ。プロレス王の名前だ。何俺の居ないところで最強とか名乗っちゃってんの。

オカダ・カズチカはG1クライマックスAブロックを連勝

進め優勝を優位に進めた

勝ち点でもトップで直接対決で飯伏幸太に敗戦したため

Aブロックを敗退となった。

 

Aブロックで敗戦したSANADAと飯伏幸太

飯伏幸太はレッスルキングダムのメインをかけた戦いに入る

SANADAはIWGPヘビー級王座に挑戦しているため時期早々と感じる

 

ここで鈴木みのるがオカダ・カズチカからピンフォール勝ちを奪った事は

IWGPヘビー級挑戦は濃厚

 

新日本プロレスが鈴木みのるにどう回答するのかも注目

オカダ・カズチカもIWGPヘビー級チャンピオンとして逃げる事は出来ない

 

万が一でも鈴木みのるがIWGPヘビーのベルトを奪う事になれば

G1クライマックスで鈴木みのるを落選にした新日本プロレスに物議を醸す事になりかねない。

鈴木みのるのIWGPヘビー級戦が実現するのか注目である。



鈴木みのるIWGPヘビー級選手権決定

新日本プロレスロンドン大会

オカダ・カズチカVS鈴木みのる

IWGPヘビー級選手権

ザックセイバーjrVS棚橋弘至

ブリティッシュヘビー級選手権

石井智宏VSKENTA

NEVER無差別級選手権

 

G1クライマックスで遺恨を残した3者がそれぞれ防衛戦に挑む。

 

あわせて読みたい記事