天才武藤敬司VS丸藤正道実現

プロレスの天才と呼ばれるW1会長武藤敬司

プロレスリング・ノアの丸藤正道

武藤敬司の化身グレート・ムタVS丸藤正道の対決が実現。

 

画像出典元
プロレスリング・ノア

丸藤正道は三沢光晴の弟子としてプロレスリング・ノアで活躍

ジュニアヘビー級戦士でヘビー級を圧倒、現在新日本プロレス参戦中の

KENTAとプロレスリング・ノア改革を進めた。

 

武藤敬司、新日本プロレスのエースとして君臨

全日本プロレスに移籍3冠ヘビー級王者にもなった

全日本プロレスの社長を務め全日本プロレス退団後

現在W-1の会長

 

また武藤敬司には別の顔も存在する

新日本プロレス時代には、武藤敬司が窮地に名た時

 

武藤敬司の化身グレート・ムタが登場

別人格の顔を持つ武藤敬司とグレート・ムタ

武藤敬司の活躍は今更語らなくても十分であろう。

グレート・ムタからnWoジャパン武藤敬司の足跡黒の戦争

天才武藤敬司と黒のカリスマと言われたnWoジャパン蝶野正洋黒の戦争

IWGPヘビー級王者となったのはグレート・ムタが先である違和感もある。

アメリカや日本でいまだ絶大な人気を誇るグレート・ムタが方舟の天才丸藤正道と初対決が実現する事になった。

 




グレート・ムタとの対決は丸藤正道もどうしても対戦したい選手とコメント

天才の化身と初対決する丸藤は、緊張した面持ちで「22年のキャリアを誇るなかで、どうしても対戦したい相手がムタ選手でした。心からうれしいです」と話した。 一方の武藤は「グレート・ムタの代理人の武藤敬司です。魔界には団体と団体のへだたりがない。当日は丸藤の血が見たいと申しております。中継は最初からモザイクをかけて放送したほうがいいと思います」とあいさつも早々に不気味な笑みを浮かべた。

現在プロレス界で使われる毒霧も

グレート・カブキやグレート・ムタがポピュラーにした

現在武藤敬司は膝の人工関節の為

 

ラウンディング・ボディプレスは使えない

しかし、シャイニング・ウィザードは健在

56歳となった武藤敬司ではあるが39歳の丸藤正道がグレート・ムタの餌食になる事はあり得る

 

丸藤正道にとって三沢光晴、武藤敬司は同世代となる先輩レスラー

もうリングの第一線で活躍する武藤敬司世代のレスラーは少なく

 

憧れのグレート・ムタと最初で最後になるかもしれない初対決となる。

天才丸藤正道が天才グレート・ムタに触れた時新たな覚醒が見られる可能性もある。

 

 

あわせて読みたい記事