新章突入NXT紫雷イオ

ケイデン・カーターと対戦したWWE紫雷イオ。
カイリ・セインは、WWE一軍と言われるロウへ戦場を移した。

NXT女子王座シエイナ・ベイズラを倒し
いち早くNXT女子王座を奪いたい紫雷イオ。
ヒールに転向した黒の紫雷イオ。

だが紫雷イオは新たなストーリーへ巻き込まれていく事になる。
巨体のケイデン・カーターをムーンサルトで倒した紫雷イオの前に現れたのは?
初代NXT・UK女子王者リア・リプリー。

ケイデン・カーターと対戦したイオは、蹴りを主体に攻め込んでくる相手に対し、スプリングボード式ドロップキックや豪快なジャーマンを決めて主導権を握る。最後は必殺のムーンサルトプレスで勝利を収め「リアでもビアンカ(ブレア)でもない。この私よ!」とシェイナ・ベイズラー(39)が保持するNXT女子王座への再挑戦を訴えた。

紫雷イオにとっては千載一遇のチャンスが舞い込んできた。
シエイナ・ベイズラとの再戦を要求する紫雷イオだが
事はうまく運ばない。

そこで実力者リア・リプリーとのシングルマッチに勝利すると再び王座への道が開かれる。

紫雷イオ、キャンディス、リア・リプリー

リア・リプリーがビアンカとシングルで激突。
そこで試合をぶち壊しに紫雷イオ。

黒の紫雷イオはなんでもあり。そこへ登場したのはキャンディス・レラエ。
元盟友であったキャンディス。いまでは遺恨のキャンディスとなった紫雷イオ。
盟友キャンディスをまさかの制裁紫雷イオの狂気

黒の紫雷イオ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

オープニングでイオと抗争を繰り広げる初代NXT UK女子王者リア・リプリー(23)がビアンカ・ブレア(30)とシングルで激突。トペ・コンヒーロで追い詰めたところで、姿を現したのがイオだった。 場外でリアを襲撃し、619(ロープ上のブーメランキック)を叩き込む。ふらついたリアはビアンカに強烈なスピアーを決められるも、これはカウント2で返す。するとキャンディスが登場し、イオの介入を阻止。最後はリアがビアンカから勝利を奪った。

NXT女子王座までの道のりが長い紫雷イオ。
だがNXT女子は、新章に突入した。再び勝ち抜くしかない紫雷イオ。


WWE 紫雷イオ、リア・リプリーに勝利NXT女子王座防衛

あわせて読みたい記事