WWEアスカの相棒カイリ・セイン

WWEで絶大な人気を誇るアスカ。
SD(スマックダウン)女子王者にもなった、日本女子プロレスの実力者
RAW女子王者を狙い、ベッキー・リンチと対戦。
惜しくも敗戦した。

アスカは現在WWE女子タッグ王でもある。その相棒はカイリ・セイン

カブキ・ウォリアーズとしてタッグを組むアスカ&カイリ・セイン
アスカは、シングル選手としてはもはや申し分ない実力者。
アスカ&カイリ・セイン、ザ・マンベッキー・リンチとハンディキャップマッチでボコる

アスカ&カイリ・セイン、ザ・マンベッキー・リンチとハンディキャップマッチでボコる


カイリ・セインもNXT時代は、NXT女子王者も経験した
しかし昇格した、SDやRAWでは実力者揃いのシングルプレイヤーにやや苦戦している。

今回タッグではなく、カイリ・セインのシングルマッチとしてナタリアと対戦
ナタリアはベテランながら、SD(スマックダウン)女子王座にも輝いたことのある実力者。

ナタリアに勝利することで、シングルプレイヤーとしての実力も示す事が出来る。

カイリ・セインVSナタリア

カイリ・セインはいつもの通り、姉御アスカと共に入場する。
カイリ・セインの特徴は小柄ながら、スピードの速いレスリング
そのスピードでナタリアを翻弄する。

実力者のナタリアは次第にカイリ・セインを追い詰めていく。

開始からスピーディーな動きで大ベテランを幻惑。低空ドロップキックやフライングエルボーで先制した。しかし試合巧者のナタリアも要所要所で厳しい関節技を見せ、絶対にペースを譲らない。

遂にペースをつかんだナタリアはカイリ・セインをスコーピオンデスロック
ナタリアオリジナル、シャープシューターをカイリ・セインに決めた。
もはや万事休す。
アスカが動く・・

頭脳プレーを見せた。ナタリアを挑発してロープ際まで呼び込むと、サソリ地獄から解放されたカイリが背中から場外へ突き落とす。すぐさまアスカが強烈なバズソーキックをアゴに決め、ナタリアをKOしてしまった。

そのままナタリアは、リングに戻れずなんと、カイリ・セイン勝利を収めた。
この結果カイリ・セインがRAW(ロウ)女子王座の候補に入った。

アスカは、2冠を明言していた。
カイリ・セインが先に2冠を達成する可能性も出てきた。

あわせて読みたい記事