WWEアスカ敗戦

ベッキーリンチの保持するRAW(ロウ)女子王座に挑戦すべく
6選手が金網ECマッチに出陣、WWE女子タッグ王者アスカ
元NXT女子王者 シエイナ・ベイズラー
ナタリア、リブ・モーガン、ルビー・ライオット、サラ・ローガン
注目は、EC前哨戦で遺恨勃発のアスカとシエイナー・ベイズラー

カイリ・セイン、紫雷イオに続きいよいよアスカと対戦の決まった、シエイナー・ベイズラー
スターダムに参戦経験もあるシエイナー・ベイズラー
その実力はUFC参戦経験もある事から折り紙つきでもある。

日本が誇るアスカも負けてはいない。
WWE女子王者のカブキ・ウォリアーズの一員。







WWEC、アスカVSシエイナ・ベイズラーで決着

時間差で入場する選手たち。
リングに入場したアスカ、ガラス越しから威嚇するアスカ
まだ出番は来ない、ナタリアとライオット続けてサラ・ローガン
リングは混戦するバトルで収拾がつかなくなるのは、ECの醍醐味でもある。

実力があるから勝てるわけでもなく運も必要になる。4人目に登場したシエイナ・ベイズラー
シエイナ・ベイズラーは必殺のキリフダクラッチで3人をKO
続けて登場した、リブ・モーガンも絞め落とす荒業で強さを見せつける。
1人舞台のシエイナ・ベイズラーの前にいよいよアスカが登場

WWEECアスカ
画像出典元
(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reser

アスカは爆発した。シエイナ・ベイズラーを必殺アスカロックで絞め落とす。
通常はこれでシエイナー・ベイズラーは万事休すのはずが、シエイナ・ベイズラーは、アスカロックを脱出して見せた。
予想外展開にアスカも戸惑う・・ここでシエイナ・ベイズラーはアスカにキリフダクラッチ。

息をもつかせない濃厚な攻防が続いた。しかしシェイナは前蹴りから必殺のクラッチを決めると、そのまま体を引き起こし、スタンドの状態でギリギリ絞め上げる。アスカも約20秒間耐えたが、両腕がダランとなって意識を失った瞬間、レフェリーが試合をストップ。21分38秒、シェイナがキリフダクラッチのみで驚異の5人抜きを果たし、地獄の戦場を制した。

意地でもギブアップしなかったアスカだが無残にもKOとなった。
ベッキーリンチへの挑戦が決まったシエイナ・ベイズラー。
この勢いで王座まで獲得してしまうのか?アスカもこのまま終わるとは思えない。まだまだ波乱が続くレッスルマニア36


WWEアスカ復活の完璧な3カウント

前夜のECで失神KOされたアスカ。しかし翌日見事な復活を見せた。

カブキ・ウォリアーズで出陣したアスカ&カイリ・セイン前夜の負けをものともせず。

前夜のダメージは全く感じさせず、アスカは妖艶に舞いながらカイリとリングイン。「アハハ~、アスカで~す」「カイリで~す」「2人合わせてカブキ・ウォリアーズで~す!」と高笑い。WWEのリングを一瞬のうちになんば花月に変えてしまった。

カブキ・ウォリアーズ
画像出典元
(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.
カブキ・ウォリアーズ

カブキ・ウォリアーズのアスカ&カイリ・セインは、ナタリア&リブ・モーガンと対戦
怪我を負けの理由にしたアスカは意気揚々とリングイン。完全復活。

ナタリアは一気に勝負を決めようと、海賊姫に回転式ラリアートを決めるや必殺のシャープシューター(サソリ固め)へ。しかしその寸前にカイリがロープに飛ばされた瞬間、アスカは巧みに背中にタッチして試合権を得ていた。猛スピードでコーナーから飛び出すや、カイリを締め上げるナタリアの側頭部に強烈なバズソーキック一撃。百戦錬磨の戦法でアスカが完璧な3カウントを奪った。

あわせて読みたい記事